アルベルト・アインシュタインさんについて。

WRITER
 
Albert Einstein
この記事を書いている人 - WRITER -

アインシュタイン―大人の科学伝記 天才物理学者の見たこと、考えたこと、話したこと (サイエンス・アイ新書)

アルベルト・アインシュタインさんは
ドイツの物理学者です。

 

1879年3月14日
ドイツのウルムで誕生し
1955年4月18日に亡くなりました。

 

この記事では
アルベルト・アインシュタインさんについて紹介します。

 

アルベルト・アインシュタインさんの生涯

アインシュタイン150の言葉

アルベルト・アインシュタインさんは
1895年スイスの名門
チューリッヒ連邦工科大学に入学します。

昔は成績が最下位だったアインシュタインさん

20世紀最高の物理学者」と称される程、
天才”で有名なアインシュタインさんですが、
当時はほぼ最下位の成績で大学を卒業したそうです。

 

1902年にはスイス特許庁に
3級技術専門職として就職し、
ここで好きな物理学の問題に取り組み、
色々な発明理論や数式を知ることになります。

奇跡の年「1905年」

1905年奇跡の年」と呼ばれます。

なぜならこの年に
アインシュタインは以下の重要な論文
立て続けに発表したからです。

  • 光量子仮説
  • ブラウン運動の理論
  • 特殊相対性理論

特殊相対性理論」は、
光より速いものはなく、
光の速さに近づくと
時間の流れが遅くなったり、
空間がゆがんだりすることがあるという
「特殊」相対性から言える結論です。

また、アインシュタインさんは
E=mc²という
質量とエネルギーの等価変換式
特殊相対性理論の帰結として発表しました。

「一般相対性理論」を発表

その後、1916年には
一般相対性理論」を発表します。

この理論の中には、
後に実証されることになる
星の重力により光が曲げられる
という予言も含まれていました。

 

そこからもアインシュタインさんは
いくつかの病に襲われつつも、
重力レンズ万物の理論など
様々な研究にも取り組み、世界中を渡ります。

アインシュタインさんの最期

1955年、心臓付近の痛みに倒れた
アインシュタインさんは、
病院のベッドで、その生涯に幕を閉じました。

76歳でした。

 

アルベルト・アインシュタインさんの功績

アルベルト・アインシュタインさんは
1921年に光電効果の法則の発見等の理由で
ノーベル物理学賞を受賞しています。

アルベルト・アインシュタインさん関連の著書

アルベルト・アインシュタインさんは
発表した論文についての著書が
いくつかあるので紹介します。

  • 特殊および一般相対性理論について
  • 物理学はいかに創られたか

これらの著書について
以下で解説します。

 

特殊および一般相対性理論について

特殊および一般相対性理論について

特殊および一般相対性理論について」は
アインシュタインさんが自ら
相対性理論を一般科学ファンのために
執筆した唯一の解説書です。

相対性理論について広く科学的、
哲学的見地から興味を持っているような
一般の人たちに、理論物理学上の
数学的道具を使わずに、できる限り
精確な洞察を与えることを目的として書いています。

物理学はいかに創られたか

物理学はいかに創られたか〈上,下巻〉―初期の観念から相対性理論及び量子論への思想の発展 (1950年) (岩波新書)

物理学はいかに創られたか」は
上巻・下巻で出されている
アインシュタインさんの著書です。

本書は、
現代物理学の父とも呼ばれる
アインシュタインさんとインフェルトさん
専門的予備知識を持たない読者のために、
現代物理学の全貌をわかりやすく解説しています。

まとめ

相対性理論 (岩波文庫)

この記事では
アルベルト・アインシュタインさんについて紹介しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.