チャップリンさんについて。

WRITER
 
Charlie Chaplin
この記事を書いている人 - WRITER -

小説ライムライト チャップリンの映画世界

チャールズ・チャップリンさんは
イギリス出身のコメディアンです。

 

1889年4月16日にイギリスで誕生し
1977年12月25日に亡くなりました。

 

この記事では
チャップリンさんについて紹介します。

 

チャップリンさんの経歴

チャップリンの子供時代

チャップリンさんが1歳のときに
両親は離婚していまい
それ以降は母親のもとで育てられます。

チャップリンさんがまだ幼い頃に
母親は精神に異常をきたし
施設に収容されてしまいます。

そのため
チャップリンさんは
いくつかの貧民院や
孤児院を渡り歩きます。

チャップリン、演劇の世界へ

チャップリンさんは
生活のために床屋や、
新聞の売り子など
様々な職を転々とする傍らで、
地方劇団の一座に入り演技を磨きます。

19歳のときに、
名門パントマイム劇団に入り
寸劇の人気役者となります。

 

21歳のときに、
同劇団の初めてのアメリカ巡業が大成功し、
24歳のときに
キーストン・スタジオに入社します。

ちょび髭チャップリン誕生

マック・セネット監督に
「面白い恰好をしろ」と要求され
チャップリンさんは楽屋に行き
山高帽に窮屈な上着、
だぶだぶのズボンにドタ靴、
ちょび髭にステッキという扮装をします。

その恰好で
ヴェニスの子供自動車競走」に出演し、
この扮装が彼のトレードマークとなります。

スターへの階段を上るチャップリン

1915年にシカゴのエッサネイ社に移籍し
主演作品を次々と制作します。

1916年には、
破格の契約金で
ミューチュアル社に迎え入れられます。

その契約金額は年額67万ドルで、
当時のアメリカ大統領の年俸の
約7倍
ともいわれています。

チャップリン、ビッグスターになる

さらに1918年、
年間100万ドル超の契約を
ファースト・ナショナル社と結び、
世界的ビッグスターとなります。

 

その後盟友のダグラスさんらとともに
ユナイテッド・アーティスツを設立、
傑作といわれている
黄金狂時代」を制作し
大ヒットをおさめます。

世界に影響を与えるチャップリン

チャップリンさんは
様々な作品を作り上げ
世界にも影響を与え続けます。

しかし
モダン・タイムス」や
独裁者」などの作品は
政治的なメッセージが強いという意見もあり
一部から激しく非難されるようになります。

チャップリン、国外追放

1952年、
アメリカの司法長官から
事実上の国外追放命令を受け、
チャップリンさんはスイスに移り住みます。

世界中から評価されているチャップリン

しかし、チャップリンさんは
世界から評価されていたため
1965年にはエラスムス賞を受賞したり、
フランス政府からレジオンドヌール勲章
パリ市議会からは名誉市民の称号を与えられました。

チャップリンさんの著書

チャップリン自伝: 若き日々 (新潮文庫)

チャップリンさんは
チャップリン自伝」という
自伝本を出しています。

 

アメリカン・ドリームを体現し
億万長者と映画スターが集う
社交界の主人公となったチャップリンさんは、
たくさんの名作を世に送り出します。

 

二度の離婚、赤狩り、アメリカ追放…
スイスに移住した75歳のチャップリンさんが
自らの人生をありのままに書き記しています。

まとめ

この記事では
チャップリンさんについて紹介しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.