チェーホフさんについて。

WRITER
 
Антон Павлович Чехов
この記事を書いている人 - WRITER -

六号病棟・退屈な話(他5篇) (岩波文庫)

アントン・パーヴロヴイチ・チェーホフさんは
ロシアの劇作家、小説家です。

 

1860年1月29日にロシアで生まれ
1904年7月15日に44歳で亡くなります。

 

この記事では
チェーホフさんについて紹介します。

 

チェーホフさんの経歴

チェーホフさんの子ども時代

チェーホフさんは
ロシアのタガンログで
6人兄弟の3男として誕生します。

1876年に一家は破産し、
夜逃げをしてモスクワに移住します。

 

しかし、チェーホフさんだけは
タガンログに残り、学校で勉強を続けます。

この頃からすでに詩や戯曲を
書いていたといわれていますが、
作品そのものは現存していません。

医学と文学の両立

1879年に、
モスクワ大学医学部に入学してからは、
雑誌にユーモア短編を寄稿します。

医学の勉強と文学活動を
両立させる多忙な生活を送ります。

本格的な創作活動

医学部を卒業し、
医師として多忙な生活を送る傍らで、
作家の活動にも励んでいた
チェーホフさんに転機が訪れます。

 

作家のドミートリイ・グリゴローヴィチさんに
激励と忠告を受けるのです。

これを機に、チェーホフさんは
本格的な作家の活動を始めます。

 

1887年に書いた初の本格的な長編戯曲
イワーノフ」は成功をさめます。

ロシア文学史に革命を起こすチェーホフ

その後は、当時のロシアでは
あまり執筆する作家がいなかった
短編小説を頻繁に書き続け、
ロシア文学史に革命を
起こしたとして知られています。

チェーホフの最期

チェーホフさんは、
結核の治療のためにドイツの
バーデンワイラーに転地療養しましたが、
44歳という若さで亡くなりました。

 

チェーホフさん関連の著書

チェーホフさんに関する著書は
いくつも出版されています。

ここでは2つ紹介します。

  • 桜の園
  • チェーホフ短編集

これらの著書について
以下で解説します。

 

桜の園

桜の園 (岩波文庫)

桜の園」は
チェーホフさんが書いた戯曲です。

息子も夫も亡くしたラネフスカヤ夫人。

思い出に浸る彼女を迎える屋敷の人々。

しかし、広大な領地はすでに抵当に入り、
まもなく競売にかけられます。

借金があるにも関わらず、今まで通りに
贅沢な生活をする夫人たちによって、
過去にとらわれる人間の愚かさや
貴族の没落などを描いています。

 

チェーホフさんが最後に書いた
有名な戯曲のひとつです。

チェーホフ短編集

新訳 チェーホフ短篇集

チェーホフ短編集」は
チェーホフさんが書いた短編小説です。

1作あたりが短く、
当時の社会背景も描かれています。

 

個性豊かな登場人物が
濃密なドラマを繰り広げます。

まとめ

この記事では
チェーホフさんについて紹介しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.