明智光秀の死因について。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

本能寺の変を起こしたことで知られる
明智光秀はどのようにして生涯を終えたのか?

明智光秀の死因について
わかりやすくまとめました。

明智光秀の死因は切腹?

結論からいうと
明智光秀の死因は明らかになっていません。

 

明智光秀の死因として
可能性が高いとされているのは
切腹(せっぷく)」です。

つまり自分で腹を切り
死亡したという説です。

具体的な状況としては
1582年6月13日(安土桃山時代)
落ち武者狩りに襲われ
竹槍で致命傷を与えられた後に
切腹をしたという流れです。

※本能寺の変が起きた日は
1582年6月2日だとされているので
その約10日後に明智光秀は死亡したことになります。

 

明智光秀織田信長を討ちとり
天下人になってからすぐに死亡したため
「三日天下」と呼ばれることもあります。

 

明智光秀の最期について

 

本能寺の変を起こし成功させたと思いきや、
その最期に至るまでの11日間に
明智光秀の身にいったい何があったのでしょうか?

本能寺の変の後の明智光秀

 

明智光秀は織田信長を討ちとった後
そのまま二条御所にも攻め込み、
信長の嫡男である織田信忠も自刃に追い込みました。

しかし、これで天下人!
というわけにはいきませんでした。

 

織田軍の残党を追いつつ、
織田信長の本拠である安土城
入城しなければなりません。

また、自分の本拠地である
近江も守る必要があります。

 

本来であれば
新政権を整えたいところですが
そんな余裕がありませんでした。

 

そんな中に織田信長の死を聞きつけた
羽柴秀吉(豊臣秀吉)の軍勢が
中国地方から引き返し明智軍に迫ります。

 

山崎の戦い

京都西部の山崎の地で
明智光秀と羽柴秀吉とが戦が始まりました。

この戦いを「山崎の戦い」といいます。
※別名で天王山の戦いということもあります。

 

光秀の軍勢は10000~16000だったのに対し、
秀吉の軍勢は20000~40000だったと言われています。

 

兵数は秀吉軍が勝っていましたが、
天王山と淀川の間の狭い地を活かして
なんとか明智の軍は防戦していました。

しかし、秀吉方からの奇襲によって
明智軍の雑兵たちが逃げ出し戦場は混乱に陥ります。

その動揺が全軍に広がって
残ったのは700名余りで
明智軍は総崩れし勝竜寺城へ退却します。

 

明智光秀の最期

光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れたものの、
命を落とさずに済み、勝竜寺城へと逃げました。

しかし、再起をかけすぐに
本拠である坂本城へと出発します。

 

その向かう最中、
落ち武者狩りの百姓に
襲われてしまいます。

深夜で少数の軍行であったため、
太刀打ちできず光秀は
竹槍で刺されて重傷を負ってしまいました。

 

小栗栖村の竹藪に逃げ込みますが
その傷が致命傷であることを悟り、
家臣に首を隠すよう命じて光秀は自害します。

その家臣も秀光の首を隠した後、
自身で腹を切ったとされています。

 

明智光秀の首はどこへ?

隠された光秀の首は
近くの竹薮の溝に隠したそうですが、
落ち武者狩りの者たちに発見されてしまったそうです。

 

その後、明智光秀の首は
織田信孝の元に届き
まず本能寺でさらされた後、
京都の粟田口でもさらされた
と言い伝えられています。

 

光秀のものとして
首実検に出された首は
3体あったとされており、
いずれも顔面の皮がすべて剥がされていました。

それが光秀の物か定かでなく、
3体の首がどこに眠っているのか
真相はわかっていません。

 

そのためこの山崎の戦い後には
秀光は死んでいなかったという説もあります。

 

明智光秀の死因について解説しましたが
真実は別にある可能性も、無きにしも非ずです。

 

最後に

明智光秀の最期は
意外にもあっけなく終わりを迎え、
家臣に首を隠すように頼んだものの
すぐに見つかってしまうという
悲しい結末に終わった可能性があります。

 

しかし、
死んでいなかったという説もあるため、
ひそかに生き延びていたかもしれません。

 

明智光秀の死因について
現在真実を知る人はいない。

明智光秀の生涯は謎だらけのままなのです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なぜ、明智光秀。 , 2019 All Rights Reserved.