パブロ・ピカソさんについて。

WRITER
 
Pablo Picasso
この記事を書いている人 - WRITER -

もっと知りたいピカソ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

パブロ・ピカソさんは
フランスの芸術家です。

 

1881年10月25日にスペインで誕生し
1973年4月8日に91歳で亡くなりました。

 

この記事では
パブロ・ピカソさんについて紹介します。

 

パブロ・ピカソさんの経歴

ポスター パブロ ピカソ ゲルニカ

ピカソの誕生について

パブロ・ピカソさんは
スペインのアンダルシア地方で
美術学校教師の父の元に生まれました。

ピカソの子供時代

ピカソさんが子供の頃に、
父は絵画制作をやめて、
道具をピカソさんに譲ります。

その理由は、
「自らを凌駕している
息子の才能への称賛から」
と言われています

15歳のときには、
父の指導を受けて描いた「科学と自愛」が
マドリードの国展で佳作を受賞します。

ピカソの「青の時代」

ピカソさんは20歳の頃、
友人のカルロスさんが自殺したことに
大きなショックを受けます。

その影響から
ふさぎこんだような精神を
表現するようになり、
青を基調とした作品を制作するようになります。

ピカソさんのこの頃は
青の時代」と呼ばれます。

売春婦や乞食(こじき)など、
社会の底辺に生きる人々を描き
絶望や孤独、貧困などの色々な形の苦悩を描いています。

ピカソの「バラ色の時代」

23歳になると
ピカソさんは恋をします。

フェルナンド・オリビエと知り合い
交際を始めてからは
作品の色調は明るく穏やかな
ものが増えていきます。

この時期は、ピカソさんの
バラ色の時代」と呼ばれています。

ピカソの「キュビズムの時代」

ピカソさんの20歳後半の時代は、
キュビズムの時代」と呼ばれます。

アフリカ部族の彫刻や
お面の影響を受けたピカソさんは
キュビズム(立体派)
という手法を開発します。

衝撃的な作品だったため、
はじめは酷評を受けますが、
次第に評価されるようになりました。

ピカソの「ゲルニカ」

50歳後半になると
ナチスによる空爆を受けたスペインの
小都市ゲルニカの悲劇を元に
パリ万博スペイン館の壁画として
ゲルニカ」を完成させます。

ピカソの「戦争と平和」

70歳になると
フランス・カンヌ近郊のヴァロリスで
礼拝堂の巨大な壁画「戦争と平和」を完成させます。

ピカソの最期

1970年に
バロセロナ・ピカソ美術館が開館し、
その3年後に、ピカソさんは亡くなりました。

パブロ・ピカソさん関連の著書

パブロ・ピカソさんに関しての
著書がいくつもあるので、
ここでは2つ紹介します。

  • マイ・グランパ・ピカソ
  • ピカソ全集

これらの著書について
以下で解説します。

 

マイ・グランパ・ピカソ

マイ・グランパパ、ピカソ

マイ・グランパ・ピカソ」は
パブロ・ピカソさんの孫娘である
マリーナ・ピカソさんが書いた伝記です。

 

20世紀を代表する画家ピカソさんですが
まわりの人たちは、その偉大さに
振り回されたといいます。

著者の幼少の頃にうけた心の傷は、
体の奥深くまで遺留して、
14年間のカウンセリングが必要となるほどでした。

 

本書は「孫娘を悲しませつづけた
偉大なる画家ピカソ」というテーマです。

本書でしか知り得ない、ピカソの一面が分かります。

 ピカソ全集

ピカソ全集 全集全8巻セット販売

ピカソ全集」は、
パブロ・ピカソさんの作品集です。

 

生涯におよそ1万3000点の版画、
3万4000点の挿絵、300点の彫刻・
陶器を制作し続けたピカソさんの
作品集となっています。

 

また、時代によって
描く作品もまったく異なるため
作品の風潮によって分かれています。

まとめ

この記事では
パブロ・ピカソさんについて紹介しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.