スティーブンホーキングの死因とは?【生涯(最初から最期まで)もわかりやすく簡単に解説】

WRITER
 
Stephen William Hawking
この記事を書いている人 - WRITER -

結論からいいますと
スティーブンホーキングの死因は病死です。
※病名:筋萎縮性側索硬化症(体全体の筋肉が徐々にやせて力がなくなっていく病気)

  • スティーブンホーキングの誕生日:1942年1月8日
  • スティーブンホーキングの命日:2018年3月14日

※スティーブンホーキングの最期の年齢は76歳

 

スティーブンホーキングの死因となった
筋萎縮性側索硬化症という名のこの病気。

じつは21歳の時にすでに診断されて
当時余命2.5年と宣告されていました。

その余命をガン無視するかのように
スティーブンホーキングは76歳まで生きて
さまざまな功績を人類に残してくれました。

 

スティーブンホーキングはどんな人だった?【生涯(最初から最期まで)をわかりやすく簡単に】

ホーキング 未来を拓く101の言葉

スティーヴン・ウィリアム・ホーキングはイギリスの理論物理学者です。

 

1942年1月8日にイギリスで生まれ
2018年3月14日に76歳で亡くなりました。

 

以下では、スティーブンホーキングの生涯(最初から最期まで)をわかりやすく簡単に紹介します。

 

スティーブンホーキングの幼少期

スティーブンホーキングは
イギリスのオックスフォードで生まれます。

教育を重視した家庭で育ち、父親は
進学校へ入れたがっていましたが、
奨学金のための試験の日に
スティーブンホーキングは病気のため受験できず
セイント・アルバルズ・スクールに通いました。

 

スティーブンホーキングと大学

スティーブンホーキングは1959年に17歳で
オックスフォード大学物理学科へ入学し、優秀な成績で卒業します。

その後、ケンブリッジ大学へ移り、大学院で宇宙学を研究します。

 

筋萎縮性側索硬化症に

スティーブンホーキングは、
21歳のときに筋萎縮性側索硬化症
全身まひに近い状態となります。

 

最初の妻ジェインさんとの結婚を
控えていた1964年に、医者から余命約2年と告げられます。

 

しかし、
予想よりも病気の進行は遅く
3人の子どもをもうけます。

 

スティーブンホーキング、有名人になる

スティーブンホーキングは
ブラックホールがエネルギーを放出して
消失することを発見します。

この現象は「ホーキング放射」と呼ばれるようになります。

 

研究では重要な成果を次々と挙げ
1974年、史上最年少で王位協会の会員に選ばれます。

1979年にはニュートンがつとめたことで
有名なケンブリッジ大学のルーカス教授職に就任します。

 

1988年には一般読者向けの宇宙学解説書
ホーキング、宇宙を語る」を発表します。

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)

 

この頃には気管切開手術を受け、
会話には音声合成装置が必要となっていました。

 

しかし、筋萎縮性側索硬化症は
発症から5年程度で死に至るといわれており、
スティーブンホーキングは例外的な事例といわれています。

 

スティーブンホーキングの晩年(最期)

2018年3月14日、
ケンブリッジの自宅で
76歳に亡くなりました。

  • スティーブンホーキングの誕生日:1942年1月8日
  • スティーブンホーキングの命日:2018年3月14日

車椅子の物理学者」として
世界的に高名な人物といわれています。

 

スティーブンホーキングの死因は病死です。
※病名:筋萎縮性側索硬化症(体の筋肉や呼吸に必要な筋肉が徐々にやせて力がなくなっていく病気)

スティーブンホーキングの死因となった
筋萎縮性側索硬化症は、じつは21歳の時に
診断されて当時余命2.5年と宣告されていました。

その余命をガン無視するかのように
スティーブンホーキングは76歳まで生きて
さまざまな功績を人類に残してくれました。

 

 

スティーブンホーキングの著書

スティーブンホーキングは
いくつもの著書を出しています。

ここでは2つ紹介します。

  • ホーキング、宇宙を語る
  • ホーキング、自らを語る

これらの著書について
以下で簡単に解説します。

 

ホーキング、宇宙を語る

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)

ホーキング、宇宙を語る」は
ホーキング博士が書いた宇宙学本です。

車椅子の天才と呼ばれる著者が
宇宙はどうやって生まれたのか、
どんな構造を持っているのか、
この人類の根源的な問いに正面から挑みます。

一般読者向けに書かれた
解説書としても知られています。

 

ホーキング、自らを語る

ホーキング、自らを語る

ホーキング、自らを語る」は
ホーキング博士の自伝本です。

 

ユーモアを交えながら、
自身の身にふりかかった出来事と、
そのときに感じた思いを、
飾らない言葉で語っています。

 

72歳のときに著者が書いた本書は
自分の言葉で初めて綴った自伝史です。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2022 All Rights Reserved.


Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/jin7777/tromolo.jp/public_html/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/jin7777/tromolo.jp/public_html/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637