スティーブ・ジョブズさんについて。

WRITER
 
アップル
この記事を書いている人 - WRITER -

スティーブ・ジョブズさんは
アメリカの実業家、資産家です。

 

1955年2月24日に誕生し
2011年10月5日に56歳で亡くなりました。

 

この記事では
スティーブ・ジョブズさんについて紹介します。

 

スティーブ・ジョブズさんの経歴

出生

スティーブ・ジョブズさんは
シリア人の父とアメリカ人の
母との間に生まれます。

しかし母親の父が結婚に反対したため
ジョブズ夫妻に養子として
引き取られ、育てられました。

 

少年時代

ジョブズさんが13歳のとき
ヒューレード・パッカードの支社で
アルバイトとして働きます。

同社のインターンでは、
後にAppleの共同創業者となる
スティーブ・ウォズニアックさんと出逢います。

 

半年で大学を中退

大学進学に興味がなかった
ジョブズさんですが、産みの母親と
約束していたジョブズ夫妻の
強い勧めでリード大学に進学します。

しかし、大学には面白みを感じず
半年で大学を中退します。

 

Apple創業

1975年、ジョブズさんと
ウォズニアックさんは、より簡易的な
コンピュータが作れると考え、
AppleⅠ」を製造・販売します。

8,000ドルの利益を得た彼らは
Apple社を設立し、「AppleⅡ
Macintosh」を開発します。

 

ピクサーのCEO就任

しかし、ウォズニックさんの退社や
Macitoshの赤字計上などが続き、
ジョブズさんは会長以外の
すべての仕事を剥奪されます。

Appleで仕事ができなくなった
ジョブズさんは、NeXT社を設立します。

そしてCGアニメーション映画
製作などを手掛けるピクサー社のCEOを務めます。

 

 Appleへの復帰

業績不振となっていたApple社は
OSの基盤技術を獲得するために、
NeXT社を買収し、ジョブズさんは
再びAppleのCEOに復帰します。

その後、iMaciPodiPhoneなど
新しい製品というだけにとどまらず、
新しいライフスタイル、
新しい産業を生み出しました。

 

死去

ジョブズさんは2003年
すい臓がんと診断され、食事療法や
手術などを受けました。

その後も入退院を繰り返しながらも
CEOには留まり、重要な戦略決定には
関わり続けます。

しかし2011年10月5日、
膵臓腫瘍の転移による呼吸停止により
56歳という若さでこの世を去りました。

 

スティーブ・ジョブズさん関連の著書

スティーブ・ジョブズさんに
関する著書があるので紹介します。

  • スティーブ・ジョブズⅠ・Ⅱ
  • スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン

これらの著書について
以下で解説します。

 

スティーブ・ジョブズⅠ・Ⅱ

スティーブ・ジョブズⅠ・Ⅱ」は
ウォルター・アイザックソンさんが書いた伝記本です。

本書は、唯一ジョブズさんが
全面協力した、本人公認の伝記本です。

 

アップル創設の経緯から、
iPhone、iPadの誕生秘話、引退まで書かれています。

 

スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」は
カーマイン・ガロさんが書いたビジネス本です。

本書では、iPhone発表時などジョブズさんの
伝説のプレゼンを紹介しながら、その法則などを解説しています。

 

まとめ

この記事では
スティーブ・ジョブズさんについて紹介しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.