ウイリアム・オスラーさんについて。

WRITER
 
William Osler
この記事を書いている人 - WRITER -

ウィリアム・オスラー -ある臨床医の生涯-

ウイリアム・オスラーさんは
カナダの医学者、内科医です。

 

1849年7月12日に誕生し
1919年12月29日に70歳で亡くなりました。

 

この記事では
ウイリアム・オスラーさんについて紹介します。

 

ウイリアム・オスラーさんの経歴

ウイリアム・オスラー誕生

ウイリアム・オスラーさんは
カナダのオンタリオ州で生まれます。

 

医学の道へ

ウイリアム・オスラーさんは
トロント大学聖職者を目指していました。

しかし、
のちに自然科学に対して
強い関心を抱くようになり、
医学へ転向します。

 

トロント大学医学部に入学後、
マギル大学医学部に転学します。

卒業後には、
イギリス、ドイツ、
オーストリアなどへの留学中に
きわめて広範な研究を行い、
後の経歴の基礎を築きます。

 

数々の教授を務める

そして26歳のときに、
ウイリアム・オスラーさんは
母校であるマギル大学の教授を務めます。

他にも

  • ペンシルベニア大学
  • ジョンズ・ホプキンス大学
  • オックスフォード大学

の教授を務めます。

 

ウイリアム・オスラーさんは
カナダ、アメリカ、イギリスの
医学の発展に多大な貢献をし、
これらの国を代表する名医と呼ばれます。

また、医学教育にも熱意を傾け、
今日の医学教育の基礎を築きました。

 

研究、著書

臨床医であるだけでなく、
研究を重視することに力をいれ
血小板を最初に記載します。

「内科学の原理と実際」は
広く愛用され16版を重ねました。

 

また、
愛読者でもあったオスラーさんは
医学の古典を集めてアメリカに
医学史研究を導入して医学史学会を
作って第1回の会長となります。

 

晩年まで
医学に関する著書も出しており、
簡約医学史」や
近代医学の興隆」などが知られています。

 

ウイリアム・オスラーさんの著書

ウイリアム・オスラーさんの
著書を紹介します。

  • 平静の心 オスラー博士講演集
  • ウイリアム・オスラー-ある臨床医の生涯-

平静の心 オスラー博士講演集

平静の心―オスラー博士講演集

平静の心 オスラー博士講演集」は
ウイリアム・オスラーさんの講演集です。

臨床医、研究者、教育者として生きた
オスラー博士の講演集です。

21年間にわたるアメリカ滞在中に行った
講演の中から15篇、またイギリスでの
講演から3篇を収録しています。

 

医学はサイエンスに支えられたアートである
と定義したオスラー博士の医の真髄を語る1冊です。

ウイリアム・オスラー-ある臨床医の生涯-

ウィリアム・オスラー -ある臨床医の生涯-

ウイリアム・オスラー-ある臨床医の生涯-」は
梶 龍兒さんが書いた伝記本です。

医学において、研究、教育などで
功績を残したオスラーさん。

著者が膨大な資料の検証と
細かな調査に基づいて、
どのような人間であったかを描き出しています。

 

まとめ

この記事では
ウイリアム・オスラーさんについて紹介しました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.