但馬牛ってどんな和牛?【特徴や値段の相場なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたは
但馬牛って聞いたことありますか?

但馬牛は、
牛の種類としても
ブランド名としても存在します。

この記事では少しでも
分かりやすいように
但馬牛(たじまうし)の和牛と
但馬牛(たじまぎゅう)のブランドで
分けて説明します。

 

この記事では
但馬牛ってどんな和牛か特徴値段の相場なども解説していきます。

 

但馬牛(たじまうし)とは?

ランプレタさん(@ranpureta)がシェアした投稿


但馬牛(たじまうし)とは、
兵庫県産の黒毛和種の和牛のことです。

この但馬牛(たじまうし)のうち、
神戸肉流通推進協議会が定める
格付け基準を満たした牛肉を
但馬牛(たじまぎゅう)と呼んでいます。

 

但馬牛(たじまうし)からとれる
牛肉のブランドには次の物などがあります。

  • 神戸肉(神戸ビーフ・神戸牛)
    …神戸肉流通推進協議会
  • 但馬牛(たじまぎゅう)
    …神戸肉流通推進協議会
  • 三田牛
    …三田肉流通推進協議会
  • 淡路ビーフ
    …淡路ビーフブランド化推進協議会
  • 黒田庄和牛

ブランド名はたくさんありますが、
実は、牛の種類は同じ
但馬牛(たじまうし)なんです。

そこから、地域や条件によって分かれ、
それぞれの推進協議会の基準を満たしたものが
ブランド名を名乗ることを許されるのです。

 

但馬牛(たじまぎゅう)の定義

但馬牛(たじまぎゅう)とは、
兵庫県産の黒毛和牛のうち
歩留等級(ぶどまりとうきゅう)
「A」または「B」等級である牛肉のことを
呼んでいます。

歩留等級とは、
牛の身体から、皮・骨・内臓を
取り除いた肉を枝肉(えだにく)といいます。

その枝肉重量の割合を歩留基準値といい、
その数値によって等級が分けられます。

歩留等級は、A・B・Cの3段階で評価され
同じ体重の牛でも、
枝肉の多い牛の方が等級は高くなります。

ただし、歩留等級は
味には関係していません。

 

また、神戸牛は、ここからさらに
厳しい条件を満たした牛のみが
呼ばれることを許されるのです。

 

但馬牛(たじまぎゅう)の特徴

 

megu.❤さん(@megu_96_)がシェアした投稿


但馬牛(たじまぎゅう)には
次のような特徴があります。

  • 上等な霜降り肉
  • 旨み成分を含む脂
  • 優れた遺伝

但馬牛は、他の和牛と交配せずに
但馬牛同士で交配し、
さらに優れた資質を磨いています。

特に但馬牛は、グルタミン酸
イノシン酸など旨み成分を含んだ肉汁
人肌で溶けそうなほど融点の低い脂
バランスが絶妙なのです。

 

但馬牛(たじまぎゅう)の値段の相場

但馬牛(たじまぎゅう)の値段は
どのくらいが相場なのでしょうか。

100gあたりのそれぞれの部位の
値段の相場は次の通りです。

※値段の変動があります。参考価格です。

  • リブロース…1,500円
  • サーロイン…1,900円
  • ランプ…1,000円
  • 肩ロース…1,400円

日本三大和牛と比較すると
少しリーズナブルに購入できそうです。

 

まとめ

この記事では
但馬牛ってどんな和牛か
特徴値段の相場も解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.