仙台牛ってどんな和牛?【特徴や値段の相場なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

最高級A5ランク仙台牛 ランプステーキ (3枚)

仙台牛を
食べたことはありますか?

よく聞く牛肉の名前ですよね。

ちなみに、「宮城肉」ではなく
「仙台肉」と名付けられたのは、
県外での訴求力が「仙台」の方が
強いからといわれています。

 

この記事で
仙台牛ってどんな和牛か
特徴値段の相場なども解説していきます。

 

仙台牛とは?

 

yumaさん(@yuma052ichi)がシェアした投稿

仙台牛は、
宮城県全体で出荷される牛の
約3割を占めている黒毛和牛です。

読み方は
せんだいぎゅう」です。

「せんだいうし」とは
呼ばないようです。

 

仙台牛は、東京食肉市場における
ブランド牛肉の取り扱いで
最も取り扱いが多い年もあるくらい
東京で流通しています。

 

仙台牛の定義

肉のいとう「最高級A5ランク仙台牛 豪華ステーキ食べ比べセット (ヒレステーキ100g・サーロインステーキ180g・ランプステーキ120g / 計400g) 」

仙台牛銘柄推進協議会では
以下の条件を満たす牛肉を
「仙台牛」と定義しています。

  • 黒毛和種
  • 仙台牛生産登録農家が適正管理をし、
    宮城県内で肥育
  • 本協議会が認めた市場や共進会等に出品
  • A5ランク」又は「B5ランク」

「仙台牛」と呼ばれるものは、
肉質等級が最高ランクの
5等級でなければならないという
非常に厳しい基準をクリアしているのです。

 

また、肉質等級が高くても、
枝肉の比率が高くなければ、
歩留(ぶどまり)等級の「A」又は「B」を
得ることはできません。

 

実は、以前は松阪牛や飛騨牛なども
「肉質等級が5であること」を
定義としていました。

しかし、BSE問題産地偽装事件
起きてからは、それぞれのブランド肉の
推進協会は基準を緩和しました。

 

そのため、現在
仙台牛は日本で唯一

「肉質等級が5であること」を
定義としているブランド牛肉なのです。

 

ちなみに、
肉質等級が3以下だったり、
歩留等級がCの牛肉は、
仙台黒毛和牛(せんだいくろげわぎゅう)
と呼ばれています。

 

仙台牛の特徴

 

仙台牛には、
以下のような特徴があります。

  • まろやかな風味
  • 豊かな肉汁
  • 口当たりが良い
  • 赤身と脂肪の絶妙なバランス

 

宮城県は、お米の産地であり、
仙台牛はきれいな水で育った稲わらを
贅沢に食べて育ちます。

さらに、宮城県の農家は、
小規模農家が多いです。

つまり、1頭1頭より手間をかけて
丁寧に育てられる傾向があるのです。

 

仙台牛の値段の相場

仙台牛はどのくらいの値段が
相場なのでしょうか。

100gあたりのそれぞれの部位の
値段の相場は次の通りです。

※価格に変動があります。参考価格です。

  • ヒレ…2,000円
  • サーロインステーキ…3,000円
  • 肩ロース…1,600円

仙台牛のヒレやサーロインは
脂がのっているので、
レアのステーキがおすすめです。

他にもすき焼きとして
使用されていることが多いようです。

さらに、仙台牛は
ハンバーガーでも人気のある食品なんです。

ぜひ、一度は食べていただきたいです!

 

まとめ

最高級A5ランク仙台牛のチョイス ギフト券 (仙台牛ギフト券1万円)

 

この記事では
仙台牛ってどんな和牛か
特徴値段の相場も解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.