「駄目(だめ)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「駄目(だめ)」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「駄目(だめ)」の語源や由来は何?

柴犬

「駄目(だめ)」の語源や由来について

「駄目(だめ)」の語源や由来については
囲碁(いご)がすべての起源となります。

 

「駄目」という言葉は
もともと囲碁用語でした。

この「駄目」の意味は
囲碁上で、お互いの堺にあって
どちらの地にもならない場所のこと。

囲碁において地(じ)とは、
自分の石(白か黒)だけで
囲い込んだ空間のことを指します。

駄目に石を置いたとしても
自分の地にならずむだなので
「やっても効果のないこと」を
「駄目(だめ)」というように。

そこから意味は変化していき
「すべきでない無益のこと」
といった意味も生じたそうです。

そういった流れを経て
現在では基本的に「ダメ」というと
否定を意味にするようになりました。

 

豆知識ですが
駄目押し(だめおし)という日本語も
もともとは囲碁用語が起源となります。

囲碁で念のために駄目に石を置くことを
「駄目押し」というようになったことで
それが日本中に広まったのが語源や由来です。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

「駄目(だめ)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -