「旦那(だんな)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「旦那(だんな)」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「旦那(だんな)」の語源や由来は何?

柴犬

「旦那(だんな)」の語源や由来について

「旦那(だんな)」の語源は
サンスクリット語の「dana」です。

※「dana(ダーナ)」の意味:与える、贈る

本来は仏教語で、「お布施」の意味ももちます。

旦那(だんな)の意味は
昔と今とでは大きく違います。

昔の中国や日本では基本的に
「寺院や僧侶にお布施をわたす人」を
旦那(檀那とも書きます)といっていました。

当時の「だんな」の意味を簡単にまとめると
仏教を応援してくれるパトロンのことです。

「檀那寺(だんなでら)」という言葉もあるくらい
仏教が旦那(だんな)の語源や由来となっています。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

「旦那(だんな)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -