石川県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

金沢カレー■■■御三家■■■5箱(6袋)セット(チャンピオンカレー2箱・ゴーゴーカレー1箱・アルバ2箱)

 

石川県とは、
中部地方または北陸地方
属する都道府県のひとつです。

石川県にある「兼六園」は
日本三名園のひとつといわれたり、
歴史ある「金沢城」もあったりと
多くの名所が存在します。

 

 

この記事では
石川県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説します。

 

石川県の郷土料理(名物料理)とは?

石川県には
いくつもの郷土料理があります。

ここでは2つの名物料理を
紹介します。

  • 金沢カレー
  • 治部煮(じぶに)

これらの郷土料理の歴史なども解説していきます。

 

石川県の郷土料理(名物料理)金沢カレー

金沢咖喱 155g×5個

 

金沢カレーとは、
主に金沢市を中心とする
石川県のカレーライス店で
提供されるカレーライスです。

 

金沢カレーで特徴的なのは、
濃厚なルーにあります。

カラメルなどを入れて、黒っぽく
ドロっとした濃厚なルー
金沢カレーならではのものです。

甘みのある濃厚な味わいで、
石川県だけでなく全国的にも
人気のある名物料理です。

 

さらに、お皿はステンレス製で、
先割れスプーンのフォークで食べるのも
金沢カレーのスタイルといえます。

また、付け合わせとして
千切りキャベツものっています。

ご飯の上に独特のルーをたっぷりと
かけてご飯を見えなくする…など
一般的なカレーとかなり違って
独自性のあるカレーです。

しかし最近では飲食店だけでなく、
通信販売などでレトルト商品も販売するほど人気があります。

 

 

金沢カレーの歴史

ゴーゴーカレー レトルト 1箱2食入り まとめ買いセット (5箱10食セット)

金沢カレーの特徴をもつカレーを
提供していたお店は、
既に30年以上の歴史があります。

しかし、「金沢カレー」と
名前がつけられるようになったのは、
実はまだ最近のことなんです。

 

金沢カレーの起源や
元祖の店舗がどこかなどは、
諸説があり、定かではありません。

 

ただ、石川県には比較的早くから
インド料理店などがあり、
カレー文化の発展した県だったようです。

 

 

石川県の郷土料理(名物料理)治部煮

[壷屋壺亭] 治部煮

 

治部煮(じぶに)とは、
石川県金沢市の代表的な
郷土料理のひとつです。

 

鴨肉または鶏肉を削ぎ切りにして
片栗粉や小麦粉をまぶし、だし汁に醤油、
砂糖、みりん、酒をあわせたもので、
鴨肉、麩(ふ)、しいたけ、青菜や
せりなどの野菜を煮込んで作ります。

薬味としてわさびを添える椀物で、
肉にまぶした粉が肉の旨みを閉じ込めるのと
同時に、汁に適度なとりみをつけます。

 

現在では石川県周辺の結婚式などの
お祝いの席には欠かせない名物料理となっています。

 

治部煮の歴史

治部煮

 

治部煮の発祥には諸説あり、
能登や加賀の山里で捕獲した野鳥を
食用にする習慣から生まれたという説があります。

 

ほかにも
加賀藩にいた宣教師が
考案したという説もあります。

 

 

まとめ

 

この記事では
石川県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.