レオナルド・ダ・ヴィンチの死因とは?【生涯(最初から最期まで)もわかりやすく簡単に解説】

WRITER
 
Leonardo da Vinci
この記事を書いている人 - WRITER -

結論からいいますと
レオナルド・ダ・ヴィンチの死因は不明です。

  • レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日:1452年4月15日
  • レオナルド・ダ・ヴィンチの命日:1519年5月2日

※レオナルド・ダ・ヴィンチの最期の年齢は67歳

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの死因の説として
「脳卒中による病死」という説もありますが
実際のところ死因は明らかになっていません。

 

ちなみにレオナルド・ダ・ヴィンチが生きた時代は、日本だと室町時代の頃です!💡

柴犬

室町時代 (1336年から1573年まで) とは?どんな時代だった?【重要人物の最期(死因)も公開】

 

レオナルド・ダ・ヴィンチはどんな人だった?【生涯(最初から最期まで)をわかりやすく簡単に】

レオナルド・ダ・ヴィンチ―人体解剖図を読み解く (とんぼの本)

 

レオナルド・ダ・ヴィンチは
イタリアの芸術家です。

 

1452年4月15日にイタリアで誕生し
1519年5月2日に67歳で亡くなりました。

 

以下では
レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯についてわかりやすく簡単に紹介します。

レオナルド・ダ・ヴィンチの死因考察に役立つ情報があれば幸いです!

柴犬

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ、弟子入りする

レオナルド・ダ・ヴィンチは
14歳のときに、
アンドレア・デル・ヴェロッキオさん
経営する工房に入門します。

ヴェロッキオさんは
フィレンツェの画家で
彫刻家としても有名な方です。

そこで様々な経験を積んだ
レオナルド・ダ・ヴィンチは
万能人」としての才能を開花させます。

万能人(ばんのうじん)とは、

  • 芸術
  • 技術
  • 科学

など、あらゆる分野で才能を発揮する
ルネサンスの理想の人間像を指します。

絵画や彫刻だけでなく
設計機械工学といった、
芸術だけではない分野についても、
この時期から活動し始めたといわれています。

 

画家「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

レオナルド・ダ・ヴィンチ:真理の扉を開く (「知の再発見」双書―絵で読む世界文化史)

画家として、
初期はミラノ公に仕え、
晩年はフランス王フランソワ1世から
頂いたフランスの邸宅で過ごします。

レオナルドさんの絵画作品の中で
モナ=リザ」の肖像画と
最後の晩餐」は最も有名な代表作です。

どちらの作品も、
従来のフレスコ画でなく
油絵技法によって描かれたものです。

彫刻家「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

彫刻では
ミラノ公のために作った
騎馬像」などが有名です。

レオナルド ダヴィンチ ダビンチ「トリヴルツィオ騎馬記念像のための素描」 iphone7 iphone8 ケース スマホケース 手帳型 名画

 

万能人「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

ダ・ヴィンチは
科学者や土木建築家としての一面もあり、

  • 潜水艦
  • 飛行機
  • ヘリコプター
  • 戦車

などを構想し
人体の解剖も行いました。

 

また、「リラ」という
楽器の演奏にもすぐれた
音楽家であったという記録も残っており、
ルネサンス期の万能人として
現在まで称されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチの最期

  • レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日:1452年4月15日
  • レオナルド・ダ・ヴィンチの命日:1519年5月2日

※レオナルド・ダ・ヴィンチの最期の年齢は67歳

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの死因の説として
「脳卒中による病死」という説もありますが
実際のところ死因は明らかになっていません。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの最期は謎のままですが
クロ・リュセ城が最期の家として今も残っています。

※クロ・リュセ城はフランスにある城

 

レオナルド・ダ・ヴィンチに関する著書

レオナルド・ダ・ヴィンチに
関する著書がいくつもあるので、
ここでは2つ紹介します。

  • レオナルド・ダ・ヴィンチの手記
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 絵画の書

これらの著書について
以下で解説します。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの手記

ダ・ヴィンチの手記 (まんがで読破 MD103)

レオナルド・ダ・ヴィンチの手記」は
レオナルド・ダ・ヴィンチの手記本です。

「モナ=リザ」や「最後の晩餐」などの
傑作を残した画家であり
彫刻家・建築家、天文学・物理学の
造詣も深かった天才が残した
膨大なノートを手記としてまとめています。

レオナルドさんの
絵画論、人生論、天文学をまとめた1冊です。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ 絵画の書

レオナルド・ダ・ヴィンチ 絵画の書

レオナルド・ダ・ヴィンチ 絵画の書」は
レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画論です。

ルネサンスの万能の天才が遺した
膨大な手稿より絵画に関する
あらゆる論考を収載したウルビーノ稿本は
絵画と諸芸術の比較や画家の教則を始め

  • 人体
  • 光と影
  • 植物
  • 地平線

など、森羅万象の表現法を詳細に論じ、
ルネサンス絵画研究の最重要文献といえます。

本書は全944章を読み解く1冊です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2022 All Rights Reserved.


Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/jin7777/tromolo.jp/public_html/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/jin7777/tromolo.jp/public_html/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637