「水入らず(みずいらず)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「水入らず(みずいらず)」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「水入らず」の語源や由来は何?

柴犬

「水入らず(みずいらず)」の意味:近い親族や内輪の者だけで、他人が交わっていないこと

「水入らず(みずいらず)」の語源や由来について

「水入らず」の語源や由来には
水と油の性質が大きく関係しています。

 

性質が違っていて相性が良くないことを
「油(あぶら)に水(みず)」と表現します。

うん、水と油って交わらないから、よく対比として表現されてる気がする

柴犬

 

この水が入らないことに
親しい人ばかりが集まることをたとえて
「水入らず(みずいらず)」という言葉が誕生。

んーなんとなくわかるようなわからないような

柴犬

 

油を親しい人同士だとして
水をそれ以外の他人と考えると
わかりやすくなるかと思います。

「親子水入らず」や
「夫婦水入らず」などの表現で
「水入らず」はよく使用されています。

これらの意味は、「親子だけで」とか
「夫婦だけで」といった感じになります。

なるほど♪

柴犬

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

 

最後に

「水入らず(みずいらず)」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.