ガンジーさんについて。

WRITER
 
Mohandas Karamchand Gandhi
この記事を書いている人 - WRITER -

ガンジー (コミック版世界の伝記)

マハトマ・ハンディーさんは
インドの弁護士、政治指導者です。

 

1869年10月2日にインドで生まれ
1948年1月30日に78歳で亡くなりました。

 

この記事では
ガンジーさんについて紹介します。

 

ガンジーさんの経歴

ガンジーの名前について

ガンジーさんの本名は
モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー
「マハトマ・ガンディー」は
インドの詩聖タゴールさんから
贈られたとされている尊称です。

マハトマとは、
偉大なる魂】という意味です。

弁護士をしながら活動に参加

ガンジーさんは
南アフリカで弁護士をしながら
公民権運動に参加するなど、様々な活動を行います。

インド独立のために活動するガンジー

インドに帰国後、
インドの独立のために
独立運動を指揮します。

ガンジーさんは、
インド独立活動をする際
非暴力、不服従」を提唱していました。

イギリスとインド

第一次世界大戦が起こると、
インドはイギリスに協力しました。
なぜならイギリスは
インドの自治の拡大を約束したからです。

しかし
戦争が終わりイギリスが勝利しても
インドの自治の拡大はほとんど進行しませんでした。

さらに、ローラット法によって
数百人のインド人が虐殺される
アムリットサル事件が起こります。

これは1919年に起きた出来事です。

ちなみにこのローラット法とは
イギリスがインドの民族運動を
抑えるために制定した法律です。

  • 令状なしでの逮捕できる
  • 裁判なしでの投獄を認める

などといった
イギリスにとって都合のいい
めちゃくちゃな法律だったのです。

 

ガンジーさんは
イギリスに失望します。

投獄されてもインドのために戦うガンジー

その後もガンジーさんは
何度も投獄されながらも
インドの独立のために、
不服従運動を繰り返します。

ガンジー、イギリスへの反抗

第二次世界大戦中、
最初日本軍は優勢でした。

イギリスは、日本軍が
インドへ接近することを警戒します。

イギリスは再び
インドに「自治拡大を認める」などの条件を提示し、
インド人の協力を促しますが
ガンジーさんはイギリスの魂胆を見抜きこれを拒否します。

インドの独立について

1858年のムガル帝国滅亡後、
1877年にインド帝国が成立してから
インドはイギリスにずっと支配されていました。

第二次世界大戦終結後、
国力の衰退したイギリスに対し、
インド人たちは独立運動を行います。

そして1947年8月15日
ついにインドが独立をはたします。

ガンジーの最期

1948年、ガンジーさんは
ヒンドゥー原理主義集団民族義勇団の
者たちによって暗殺されてしまいます。

 

ガンジーさんは78歳で亡くなりますが、
植民地解放運動や人権運動において
世界中に大きな影響を与えました。

 

 

ガンジーさんの著書

ガンジーさんはいくつもの著書を出しています。

ここでは2つ紹介します。

  • ガンジー自伝
  • ガンジー・自立の思想 自分の手で紡ぐ未来

これらの著書を以下で解説します。

 

ガンジー自伝

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)

ガンジー自伝」は
ガンジーさんが書いた自伝本です。

真実と非暴力を信奉しつづけ、自身の激動の日々を収めます。

ガンジー・自立の思想 自分の手で紡ぐ未来

ガンジー・自立の思想―自分の手で紡ぐ未来

ガンジー・自立の思想
自分の手で紡ぐ未来」は
ガンジーさんが書いた経済学本です。

本書は、あまり知られていなかった
ガンジーさんの独特の経済学を展開します。

 

一人一人が自立して生きることを
最大の願いとしたガンジーさんの思想と
その実現に生涯を捧げたガンジーさんの熱意が現れています。

まとめ

この記事では
ガンジーさんについて紹介しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.