「ニート」の語源や由来は何?

WRITER
 
「ニート」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「ニート」の語源や由来は何?

柴犬

「ニート」の語源や由来について

「ニート」の語源や由来をたどっていくと
1999年のイギリス政府へとたどりつきます。

 

時は1999年。

その年のイギリス政府が
16歳から18歳までの
雇用されていない若者を
Not in Education,
Employment or Traning」
の状態にあると発表します。

 

その言葉の頭文字が
Neet(ニート)の語源です。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

  • Notの意味:~されていない
  • Educationの意味:教育
  • Employmentの意味:雇用
  • Traningの意味:訓練(職業訓練)

 

日本では2004年(平成16年)ごろから
ニートという言葉が使用されるように。

日本の政府機関である厚生労働省も
この「ニート」を使用しています。

参考:厚生労働省公式HP「ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)」

ニートって最近誕生した言葉だったんだね♪

柴犬

 

 

最後に

「ニート」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -