「におう」の語源や由来は何?【匂うと臭うの違いも解説】

WRITER
 
においがしそうなごみ
この記事を書いている人 - WRITER -

「におう」の語源や由来は何?

柴犬

「におう」の語源や由来は何?

「におう」の語源や由来は何か?

結論からいうと「におう」の語源は
歴史的仮名遣いの「ニホフ」です。

「ニホフ」の語源や由来については
以下のような漢字と語尾からなります。

  • ニ→漢字は「丹」で、赤い色という意味
  • ホ→漢字は「秀」で、際立つの意味
  • フ→動詞化する語尾

におうの語源となったニホフは
奈良時代から使用されていた言葉で
当時は、花などが赤く色づくの意味や
照り映えるといったような意味など、
基本的に視覚に基づいて使用されていました。

 

時代の変化とともににおうの意味も変わり
徐々に色を発する物のにおいを差すようになり
やがて嗅覚による語に変化していったことが由来です。

 

匂うと臭うの違いについて【語源や由来も違う?】

匂うと臭うは何が違うのか?
語源や由来も違うのか?

結論からというと
意味は違いますが
語源や由来は同じです。

匂うと臭うの語源や由来は
同じ歴史的仮名遣いの「ニホフ」。

当初は「良いにおい限定」で
におうという言葉は使用されていましたが
その後「悪いにおい」にも使うようになりました。

現在は漢字の使い分けによって
においの意味を区別するように。

良いにおいを表すときは
匂いという漢字を使用して
悪いにおいを表すときは
臭いという漢字を使用するようになりました。

 

最後に

 

「におう」の語源や由来や
匂うと臭うの違いなどについて
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.