安和の変とは何か?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

安和の変(あんなのへん)
平安時代に起きた政変です。

 

冷泉天皇(れいぜいてんのう)
即位した後、起こりました。

 

安和の変とは何か?
どのような政変だったのか?などなど
安和の変について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

安和の変とは?

安和の変とは、969(安和2)年
冷泉天皇の宮廷で起きた政変です。

 

当時、左大臣の源高明(みなもとのたかあきら)の娘は
村上天皇に愛された為平親王の妃でした。

その将来を恐れた藤原氏が
源高明らが為平親王を擁立して、
皇太子守平親王の廃位を企んでいる」と
密告します。

 

この結果、左大臣の源高明が失脚し、
藤原氏を圧倒する氏族はいなくなります。

 

のちの権力者、藤原道長が生まれる
土台となった事件とも言えます。

 

またこの安和の変が起こってからは
摂関・関白が置かれることになります。

平安時代後期まで続く摂関政治の幕開けで
藤原氏が最も栄えた時代へとなっていきます。

 

つまり安和の変が起こったことで
藤原氏による
摂関政治の定着
独占的地位が確立したのです。

 

安和の変の経緯

ここでは
安和の変が起きた経緯
解説していきます。

 

冷泉天皇の即位【安和の変】

967年、「天暦の治」をした
村上天皇が亡くなります。

そして冷泉天皇が即位します。

これも、時の権力者である
藤原実頼、藤原師輔らによって
決められたと考えられています。

 

藤原実頼、関白に

しかし冷泉天皇は精神的に病んでおり
病弱であったことから、補佐として
藤原実頼が関白に就くことになります。

また関白になった藤原実頼ですが、
冷泉天皇の外戚ではないので、まだ
安心できる状況ではありませんでした。

 

皇位継承問題【安和の変】

また当時、
冷泉天皇に子どもがいなかったことから
次期天皇を決める必要がありました。

そして候補となったのは
為平親王と守平(もりひら)親王。

守平親王は後の円融天皇です。

 

為平親王は、先にも述べた通り
源高明の娘を妃にしている為、
為平親王が天皇になると源高明が
天皇の外戚として権力を握ってしまいます。

 

しかし、守平親王より年上である
為平親王が天皇にならない理由もなく
冷泉天皇の外戚でもなかった藤原実頼は
源高明に対抗することもできませんでした。

 

そこで藤原実頼は、
無実の罪で源高明を失脚させることを
計画したと考えられています。

 

そして安和の変が起きたのです。

 

最後に

安和の変とは何か?
どのような政変だったのか?などなど
安和の変について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.