「あんぽんたん」の語源や由来は何?

WRITER
 
くすりを使っているあんぽんたん
この記事を書いている人 - WRITER -

バカとかアホのことを「あんぽんたん」っていう時あるけど、これどういう意味?

柴犬

「あんぽんたん」の語源や由来が気になる!

柴犬

■あんぽんたんの意味
馬鹿(バカ)や阿保(アホ)とほぼ同じ意味

「あんぽんたん」の語源について

「あんぽんたん」の語源は
「アホンダラ」だとされています。

アホウのことをアッポともいうので
アホンダラが変化し、あんぽんたんが
江戸時代あたりから流行しだしました。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

ちなみにアホンダラの語源は
「阿呆(アホウ)」と「ダラスケ」です。

このダラスケの意味は「愚か者」です。

あんぽんたんの語源をたどって
現在の言葉で意味で簡単にまとめると
「アホな愚か者」というかんじになります。

 

「あんぽんたん」の由来について

アホウのことをアッポともいうので
アホンダラが変化し、あんぽんたんが
江戸時代あたりから流行しだしました。

江戸時代の1764年ごろに、江戸(今の東京)で
あんぽんたんという言葉が流行ったという旨が
「嬉遊笑覧(えゆうしようらん)」に記載されています。

嬉遊笑覧(5冊セット) (岩波文庫)

 

「あんぽんたん」が誕生した由来について
じつは諸説あり、明らかになっていません。

 

江戸時代によく使用されていた薬の名前である
「万金丹(まんきんたん)」の言葉をもじって
「安本丹(あんぽんたん)」が出来たという説があります。

「陀羅助(だらすけ)」という薬もあったことから
「あんぽんたん」という言葉が誕生する際に
薬の名前が由来になったのだと推測されています。

 

 

最後に

 

「あんぽんたん」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -