山形牛ってどんな和牛?【特徴や値段の相場なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

山形牛 すき焼き 用 肩 約300g 特選景品 目録ギフト

あなたは
山形牛ってご存知ですか?

 

山形県産の牛だと
「米沢牛」という有名なものが
ありますが、山形牛とは
どう違うのでしょうか?

 

この記事では
山形牛ってどんな和牛か
特徴値段の相場なども解説していきます。

 

山形牛とは?


山形牛とは、
山形肉牛協会が商標を
保持しているブランド牛です。

読み方は「やまがたぎゅう」が
正しい読み方です。

 

様々な銘産牛肉が誕生していった中で
当時の山形県知事が
山形県産の牛肉の品質・規格を
統一するために、「山形牛」と銘名したそうです。

 

山形牛の定義

特選山形牛ジャンボパック1kg

次の3つの基準を満たした
牛肉を「山形牛」として認定しています。

  • ※山形県で最も長く肥育された
    未経産及び去勢の黒毛和種※
  • 肉質等級4等級以上
    (※の条件を満たした場合は、3等級も含む)
  • 放射性物質が「不検出」であること

山形牛の基準には、枝肉に放射能が
検出されないことも含まれていて、
安全性を配慮しているブランド牛なんです。

 

山形牛と米沢牛の違いは?

米沢牛登起波 米沢牛 上選お任せすき焼きセット400g (すき焼きタレ付)

山形牛も米沢牛も、
同じ山形県で生産されていますが、
何が違うのでしょうか?

米沢牛は、
米沢牛銘柄推進協議会が定めた
以下の基準を満たしたものを
米沢牛としています。

  • 山形県置賜地方に居住し、本協議会が
    認定した飼育者が登録された牛舎で
    18か月以上飼育したもの
  • 未経産又は去勢の黒毛和種
  • 本協議会が認めた共進会などで出品したものも含む
  • 生後32か月以上で肉質等級3等級以上のもの
  • 放射性物質が「不検出」であること

つまり、
山形牛が山形県で育てられたブランド牛全般に対し、
米沢牛はさらに厳しい条件の中で肥育された黒毛和種といえます。

 

山形牛の特徴


山形牛には
次のような特徴があります。

  • きめ細かい肉質
  • 甘い風味の脂身
  • 良好なサシの入り
  • 融点が低く、とろける

山形牛の育つ
山形県ならではの特徴が、気候です。

山形の気候は寒暖がはっきりとしていて、
牛の成長が少し遅いとされています。

そのことを上手に利用し、
あえて成長を遅らせ、時間をかけて
肉の脂質を良くする目的もあるようです。

 

通常の和牛は、
25か月程度で出荷されますが、
山形牛は30か月以上有していることが多いのです。

 

山形牛の値段の相場

山形牛 サーロインステーキ 180g×2枚 【360g】

 

山形牛はどのくらいの
値段が相場なのでしょうか。

100gあたりのそれぞれの部位の
値段相場は以下の通りです。

※値段の変動があります。参考価格です。

  • サーロイン…4,000
  • ロース…1,600円
  • ヒレ…2,300円
  • ウチモモ…1,300

山形牛は、定義が広いので、
値段に少しばらつきがあります。

通販サイトなども、かなり
値段が異なるので、
お好みの部位を比べて購入すると良いかもしれません。

 

まとめ

【高島屋限定】<山形・日本の宿 古窯>山形牛のビーフシチュー

 

この記事では
山形牛ってどんな和牛か
特徴や値段の相場も解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.