米沢牛ってどんな和牛?【特徴や値段の相場なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

最高級<A5-メス>米沢牛 もも肉(すき焼き用) 300g ※安全証明書2種をお付けします。

かつて米沢牛の産地である
米沢では、四つ足の動物は
食べないとされていました。

 

しかし、明治時代に来日した
ダラスという英語教師が米沢牛を食べた際に
その美味しさの素晴らしさに
気付いたといわれています。

 

米沢牛ってどんな和牛か
特徴値段の相場なども解説していきます。

 

米沢牛とは?


米沢牛とは、山形県米沢市がある
置賜(おきたま)地方3市5町で
肥育された黒毛和種が、一定の基準を
満たした場合に呼ばれるブランド牛肉です。

 

読み方は、「よねざわぎゅう」と
されています。

 

松阪牛神戸牛近江牛に並ぶ
日本三大和牛の一つといわれています。

そのため、時には日本四大和牛と
呼ばれることもあるようです。

 

米沢牛の定義

米沢牛カルビ 焼き肉用 1kg

米沢牛銘柄推進協議会では
以下の基準を満たす牛肉を
「米沢牛」と定義しています。

  • 山形県置賜三市五町に居住し、本協議会が
    認定した飼育者が登録された牛舎で
    18か月以上飼育したもの
  • 未経産又は去勢の黒毛和種
  • 本協議会が認めた共進会などで出品したものも含む
  • 生後32か月以上で肉質等級3等級以上のもの
  • 放射性物質が「不検出」であること

置賜三市五町は、

  • 米沢市
  • 南陽市
  • 長井市
  • 高畠町
  • 川西町
  • 飯豊町
  • 白鷹町
  • 小国町

です。

また、放射能物質の
定量下限値は25Bq/kgと
定められています。

 

米沢牛と山形牛の違い

山形県産豚肉と米沢牛を使用した・さらみ 170g

山形牛も米沢牛も、
同じ山形県で生産されていますが、
何が違うのでしょうか?

 

次の3つの基準を満たした牛肉を
「山形牛」として認定しています。

  • ※山形県で最も長く肥育された
    未経産及び去勢の黒毛和種※
  • 肉質等級4等級以上
    (※の条件を満たした場合は、3等級も含む)
  • 放射性物質が「不検出」であること

つまり、
山形牛は山形県で育てられた
ブランド牛全般に対し、米沢牛はさらに厳しい条件の中で肥育された黒毛和種といえます。

 

米沢牛の特徴

kanakichiさん(@senakichi419)がシェアした投稿


米沢牛には
以下の特徴があります。

  • 脂身がしっかり浸透した赤身
  • 香りがのある肉質
  • きめ細かい霜降り
  • とろけるような質感

高い山々に囲まれた米沢盆地は、
寒暖の差が厳しい気候かつ最上川流域の土地で、
トウモロコシや大豆・麦など
米沢牛に必要な飼料に恵まれています。

長い年月をかけ、ゆっくりと育てた
米沢牛は、上質の脂が作り出され、
口の中でとろけるような肉牛となります。

 

米沢牛の値段の相場

米沢牛懐石 豪華4種盛り 特上カルビ100g、サーロイン100g、ヒレ100g、ランプ100g

 

米沢牛はどのくらいの
値段が相場なのでしょうか。

100gあたりのそれぞれの部位の
値段相場は以下の通りです。

※値段の変動があります。参考価格です。

  • サーロイン…2,500円
  • ヒレ…3,500円
  • ランプ1,800円
  • ロース…2,500円
  • 肩ロース…1,900円
  • モモ…2,000円

とろけるような肉質の米沢牛は、
ステーキはもちろんのこと、
すき焼き・しゃぶしゃぶ・焼肉など
どんな調理法でも最高のおいしさは間違いありません。

 

まとめ

山形県産 米沢牛 サーロイン ステーキ 150g×2枚 最高級品 A5ランク

 

この記事では
米沢牛ってどんな和牛か
特徴値段の相場を解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.