褐毛和種(あかげわしゅ)とは?【肉質や市場価格なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

熊本県産 和牛 「あか牛」 ヒレステーキ 240g(120g×2枚)

日本では、
色々な種類の牛を飼育していて、
ブランド牛もたくさん存在しています。

 

よく聞く黒毛和牛ってあると思いますが、
最近、褐毛和種という牛肉が
注目を集めつつあるんです。

この記事では
褐毛和種(あかげわしゅ)とはどういう肉か、
肉質や市場価格なども解説していきます。

 

褐毛和種(あかげわしゅ)ってどんなお肉?

褐毛和種(あかげわしゅ)とは、
和牛の一種です。

 

日本で牛というと、
白と黒がまだらな「ホルスタイン」、
黒一色の「黒毛和種(黒毛和牛)」が有名です。

しかし近代以降、
褐色の毛色が特徴である

褐毛和種(あか毛和牛)」が存在します。

熊本県高知県を主産地とし、
関東・東北地方にも分布する兼用牛です。

 

褐毛和種(あかげわしゅ)の特徴

熊本県産 和牛 「あか牛」 焼肉に絶品 上カルビ (バラ) 500g【上】

 

褐毛和種(あかげわしゅ)は
以下のような特徴を持ちます。

  • 日本で2番目に多く飼育
  • 毛色が褐色
  • 育てやすい
  • 免疫力が強い
  • 肉質は赤身が多い
  • 適度な脂肪交雑

肉質は、黒毛和牛に比べると
やや劣りますが、
肉質は赤身が多い為、
健康志向の人たちに人気があります。

褐毛和種の肉質の魅力は、
余分な脂肪がなく、適度な霜降り
旨み成分を多く含む赤身が多いことです。

赤身には、旨み成分といわれる
イノシン酸やグルタミン酸が特に
多く含まれているのです。

 

つまり褐毛和種の肉は、
旨み成分が多く、
ヘルシーでおいしい肉といえます。

 

褐毛和種(あかげわしゅ)の種類

褐毛和種(あかげわしゅ)は
2つの種類があります。

  • 熊本系
  • 高知系

以下で違いを簡単に解説します。

 

熊本系の褐毛和種(あかげわしゅ)

熊本県産 和牛 「あか牛」 切り落とし 1kg (霜降と赤身のお試しセット)

 

熊本系の褐毛和種(あかげわしゅ)は
鼻や角が白いのが特徴です。

また、高知系よりも
体が一回り大きいです。

 

熊本系は、
阿蘇牛・球磨牛・矢部牛などに
シンメンタール種を交配したものを改良しています。

 

高知系の褐毛和種(あかげわしゅ)

 

高知系の褐毛和種(あかげわしゅ)は
鼻や角が黒いことが特徴です。

また、明治時代に輸入された朝鮮牛と
シンメンタール種の雑種を改良したものです。

褐毛和種(あかげわしゅ)の市場価格

熊本県産 和牛 「あか牛」 切り落とし 1kg (霜降と赤身のお試しセット)

 

 

褐毛和種(あかげわしゅ)の
市場価格はどのくらいなのでしょうか。

部位によって変わりますが、
100gあたりの価格は
だいたい以下の通りです。

  • シャトーブリアン…4500円
  • ヒレ…3200円
  • サーロイン…3000円
  • ロース…2400円

現在、注目されている
褐毛和種は、通販サイトでも
売り切れ状態であったり、
値段の変動もあると思います。

切り落としなどが売っているときなら、
上記の値段よりもお得に購入できるかもしれません。

ぜひ、随時確認してみて下さい。

 

まとめ

熊本県産 低脂肪高たんぱく「熊本あか牛」 あか牛ハンバーグ 120g×8個セット

 

この記事では
褐毛和種(あかげわしゅ)とは
どういう肉か、肉質市場価格なども解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.