白虎隊とは何か?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
会津若松駅にある白虎隊銅像
この記事を書いている人 - WRITER -

白虎隊 DVD-BOX

 

日本の歴史上には様々な戦いがあり、
現代までに多くの犠牲が払われてきました。

 

その中の一つとして、白虎隊
飯盛山の自刃(じじん)」で知られています。

 

白虎隊とは何か?
どのような部隊だったのか?などなど
白虎隊について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

白虎隊とは?

白虎隊士飯沼貞吉の回生 第二版

白虎隊(びゃっこたい)とは、
会津藩が組織した16歳から17歳の
武家の男子によって構成された部隊です。

会津藩とは現在の福島県で、1868年の
会津戦争に際して結成されました。

 

名前の由来は、中国の伝説の
神獣である「白虎」からきています。

 

10代の若者たちが、なぜ
部隊として結成されたのでしょうか?

 

白虎隊の結成

1868年に起きた鳥羽伏見の戦い後、
会津藩は新政府軍の襲来に備えて
今までの精神論ではなく、戦力を
重視した軍制改革を行います。

 

軍の体制はフランス式に変更されて
年齢別に以下の部隊が結成されます。

  • 玄武隊(げんぶたい)
  • 青龍隊(せいりゅうたい)
  • 朱雀隊(すざくたい)
  • 白虎隊

いずれも武家の男子によって編成され、
18~35歳までの朱雀隊を主力として
50歳以上の玄武隊と16、17歳の白虎隊は
予備隊として結成されたのです。

 

白虎隊の悲劇

会津白虎隊―物語と史蹟をたずねて (成美文庫)

ここでは、有名な
白虎隊の悲劇について
解説していきます。

 

白虎隊の出陣

当初、予備隊であった白虎隊は
戦闘には出ず、主に警備を担っていました。

 

しかし戊辰戦争が始まると状況は悪化、
次第に戦場が会津に移っていきます。

そこで会津藩主の松平容保
白虎隊に出陣命令を下します。

 

最新の兵器を使う新政府軍に対して
それに劣る武器を手にした白虎隊は
戦いの最前線へと駆り出されることになります。

 

しかし敵の圧倒的な数と勢いに押され
会津の兵はすぐに撤退を余儀なくされます。

白虎隊の一番隊は松平容保の警護に就き、
二番隊は戸ノ口原へと向かいます。

二番隊はここで
新政府軍と激闘を繰り広げますが、
新政府軍の若松城侵攻を許します。

 

白虎隊と飯盛山

こうして二番隊は大勢の負傷者を
抱えながら、郊外の飯盛山へと退避します。

 

やっとの思いで飯盛山へ避難した
白虎隊の二番隊でしたが、その地で彼らは
炎に包まれた若松城と若松城下を目にします。

会津藩に勝ち目がないことは明白でした。

 

その光景に絶望した20人の少年たちは
その場で自刃することを決意します。

若き少年たちは刀を抜いて腹を切り、
あるいは喉を突き刺します。

急所を外した飯沼貞吉だけは
一命を取り留めますが、残りの
19名の少年は全員命を落とします。

 

しかし実際は、若松城は籠城中であり
陥落してはいなかったのです。

この誤認による自刃が一般的です。

 

しかし、飯沼貞吉の手記によると
若松城に戻って戦うか、玉砕覚悟で
敵陣に挑むという意見で分かれたそうです。

しかし、どちらにしろ
会津藩の敗北は決まっていた為、
敵に捕まって恥をさらすよりも
自刃を決意したとされています。

 

最後に

舞台「もののふ白き虎 ‐幕末、「誠」に憧れ、白虎と呼ばれた若者達‐」

この記事では、白虎隊とは何か?
どのような部隊だったのか?などなど
白虎隊についてなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.