「茶番」の由来や語源は何?

WRITER
 
劇
この記事を書いている人 - WRITER -

 

茶番っていうどういう意味だっけ?

柴犬

茶番っていうのは簡単にいうと、誰もが噓だとわかるようなバカバカしい行為とか物事のこと

日本人

底の見えすいた可笑しな話とか行為を、茶番っていうことが多いね

日本人

なるほど!
でもなんで茶番っていうの?

柴犬

茶番の語源とか由来が気になる

柴犬

茶番の語源は「茶番狂言」。
その言葉が省略されて、茶番っていわれるようになった流れ

日本人

茶番狂言??

柴犬

 

この記事では
「茶番(ちゃばん)」の由来や語源について
わかりやすく簡単な言葉で解説します。

 

茶番の語源である「茶番狂言」とは何か?

茶番(ちゃばん)の語源となった
茶番狂言(ちゃばんきょうげん)とは
江戸時代の後期に流行った寸劇です。

江戸を中心に素人が役者のように演技をする劇で
茶番狂言の特徴は、最後に滑稽な落ちをつけること。

 

これは豆知識ですが、茶番狂言で落ちをつけるときは、その落ちに関連する物をお客さんにみせて、それを無料を配っていたそうです。

そのためお客さんは寸劇だけではなく、その無料配布されるものを目当てにする人も増えたとのこと。

 

茶番の由来について

「茶番狂言」をする演者はみな
本物の役者ではなく素人だったこともあり
「茶番狂言=ばかばかしい物事」
というイメージが定着したそうです。

その「茶番狂言」の狂言が省略されて
みえすいたばかばかしいことを
「茶番」というようになったのが由来です。

なぜ「茶番狂言」という名の劇なのか?【茶番狂言の由来】

そもそもなぜ
「茶番狂言」という名の劇なのか?

そこを読み解くと
「茶番」という言葉の
本当の由来がわかります。

「茶番」とは、劇場の楽屋で、
お茶の準備などをする役のこと。

この茶番を担当することになった人が
茶菓子などを落ちとして使った余興が
素人に広まり誕生した狂言が「茶番狂言」。

そのため「茶番」という言葉が
寸劇の名に使用されているそうです。

 

江戸時代の人の日常生活が書かれた
当時の資料「俗耳鼓吹(ぞくじこすい)」にも
この「茶番」の存在が書かれています。

 

最後に

 

「茶番」の由来や語源について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.