「ごまをする」の語源や由来は何?

WRITER
 
ごますり
この記事を書いている人 - WRITER -

「ごまをする」の語源や由来は何?

柴犬

「ごまをする」の語源や由来

「ごまをする」の意味は
自分の利益などのために
都合よくお世辞などをいうこと。

「胡麻すり」という名詞もあります。

 

胡麻をすり鉢ですりつぶすと
胡麻はあちこちにくっつくので
その様子をへつらう意味として使用して
「ごまをする」というようになったのが由来です。

※へつらうの意味:人の気に入るようにふるまう、またお世辞を言う

 

豆知識ですが、江戸時代末期の資料である
「皇都午睡」でもこの表現が使われています。

胡麻を摺ると流行詞に変名しけり

引用:皇都午睡

※摺るの読み方:する

 

最後に

 

「ごまをする」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -