白村江の戦いとは?なぜ起きた?決戦の場所はどこ?【わかりやすく解説】

WRITER
 
白村江の戦い
この記事を書いている人 - WRITER -

白村江の戦い

白村江の戦いは
飛鳥時代に起きた戦争です。

 

歴史上初めて日本と中国が戦った
出来事といわれています。

 

白村江の戦いとは何か?
決戦の場所はどこだったのか?
なぜ起きたのか?などなど
白村江の戦いについて
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

白村江の戦いとは?

白村江

白村江の戦いとは
663年に起こった日本と唐の海戦です。

 

はくそんこうのたたかい”もしくは
はくすきのえのたたかい”と読みます。

 

斉明天皇天智天皇(中大兄皇子)らも
北九州に本営を置いて指揮をしましたが、
斉明天皇は途中で病死しています。

 

海戦で日本は敗れたため
朝鮮からすべての兵を引き揚げます。

 

白村江の戦いの敗因として、
唐の水軍が強すぎたことや
日本の実戦経験が少なかったこと、
統率がうまくいかなかったことなどが挙げられています。

 

この敗戦を受けた日本は、
唐や新羅に占領されるのではないかと恐れ
必死の国土防衛を行うなどして、
内政に専念することになります。

 

決戦の場所はどこ?【白村江の戦いが起きた場所】

白村江の戦いは
決戦は戦いの名前にもなっている
「白村江」という場所で行われました。

白村江とは、朝鮮南西部の
錦江(きんこう)河口付近の古名です。

現在の韓国、舒川郡(そちょんぐん)
ある
錦江という川です。

この川は韓国第2の大河であり、
長さは402㎞あると言われています。

 

なぜ白村江の戦いは起きた?【白村江の戦いが起きた原因】

白村江 (講談社現代新書)

かねてから中国・朝鮮では
百済(くだら)と新羅(しらぎ)が争っており、
高句麗(こうくり)と唐も争っていました。

これらの国を
ざっくり分けると以下の通りです。

  • 百済…朝鮮半島西南部
  • 新羅…朝鮮半島南東部
  • 高句麗…朝鮮半島北部
  • 唐…中国

そこで新羅は唐と協力します。

660年、唐と新羅は百済の都を占領して
王たちも捕虜とすることに成功します。

 

660年に百済は滅亡します。

 

滅亡後も抵抗していた百済の遺臣たちは
日本で人質になっていた百済の
余豊璋(よほうしょう)王子を王にたてて
百済を再興することを計画します。

 

そこで百済の遺臣たちは、
日本に救援を求めたのです。

 

大和朝廷は
朝鮮南部の日本の権益を守るために、
百済の救援に応じて大軍を
白村江に派遣することにします。

そして白村江の戦いが起こったのです。

 

最後に

白村江の戦い

白村江の戦いとは何か?
決戦の場所はどこだったのか?
なぜ起きたのか?などなど
白村江の戦いについて
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.