兵庫県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ハローキティ はろうきてぃ 兵庫限定 明石焼ver プチタオル 単品 ハンドタオル ハッピーエンド

 

兵庫県は近畿地方
属する都道府県のひとつです。

 

神戸の港町・ポートアイランド
姫路城・六甲山など見どころの多い
観光名所が存在する県です。

 

この記事では
兵庫県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説します。

 

兵庫県の郷土料理(名物料理)とは?

兵庫県には、いくつもの
郷土料理(名物料理)があります。

ここでは2つの
名物料理を紹介します。

  • 明石焼
  • いかなごのくぎ煮

これらの郷土料理の歴史なども解説していきます。

 

兵庫県の郷土料理(名物料理)明石焼

#572821 かねます食品 冷凍 明石焼(たこ焼)粉末和風だし付 48個入(6個×8袋入)

 

兵庫県名物料理の明石焼(あかしやき)は、
鶏卵、浮粉(うきこ)や沈粉(じんこ)
呼ばれる粉、小麦粉、タコを材料に調製される軽食です。

 

玉子と出汁をたっぷりと使い
ふっくらと柔らかく焼きあがった衣と
タコのこりっとした歯ごたえが特徴
昆布のつけだしに浸して食べます。

 

 

また、明石焼は
地元では「玉子焼」とも呼ばれていて、大阪のタコ焼きのルーツだといわれています。

 

明石焼の歴史

明石焼 40個

 

明石焼の歴史は、
江戸時代にまで遡ります。

江戸のべっ甲細工師が、
明石に来ているときに偶然
卵を割った際に付いた「白身」が
強力な糊に近い特性を持つことに気が付きました。

そこで
明石玉」というガラス玉を思いつき
明石玉が作られるようになりました。

その後、明石玉の量産が始まりましたが
白身のみ大量に使い、余った黄身の使い道を
考えた際に、黄身を使った卵料理と、
明石で大量に獲れたタコを組み合わせた「明石焼」が誕生したといわれています。

 

 

兵庫県の郷土料理(名物料理)いかなごのくぎ煮

神戸特産 大黒屋謹製 いかなごくぎ煮 しょうが風味 100g

 

いかなごのくぎ煮は、
兵庫県淡路島などの郷土料理です。

毎年2月末から約1か月間行う
「いかなご新子(しんこ)漁」で獲れた
体長2~4cmの新子(幼魚)
醤油、砂糖やみりん、生姜なども加え
平釜で水分がなくなるまで煮込みます。

甘辛く味付けしてあることが多く、
長期保存が可能でカルシウムを多く含んでいます。

 

出来上がった姿が、古釘」に
似ていることから、「くぎ煮」と
名付けられたといわれています。

 

「いかなご」という魚は、
全国で水揚げされていますが、
瀬戸内海沿岸は良質な「いかなご」が
獲れる漁場として知られており、
兵庫県淡路島や沿岸地域の阪神地域などでは「くぎ煮」として広く普及しました。

 

いかなごのくぎ煮の歴史

<業務用>淡路名産・いかなごくぎ煮 たっぷり1kg入り (500g入り×2) いかなごくぎ煮/小女子/くぎ煮/初物/

 

いかなごのくぎ煮の発祥は諸説あり、
鮮魚店が客の要望に応えて
作り始めたという説や、
神戸の網元が従業員に食べさせたのが
始まりという説などもあります。

 

まとめ

 

この記事では
兵庫県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.