滋賀県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

びわこ特産ふなずしスライス 1人前6切

 

滋賀県とは近畿地方に属する
都道府県のひとつです。

 

日本一大きい湖である
琵琶湖を擁する内陸県です。

 

 

 

この記事では
滋賀県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説します。

 

滋賀県の郷土料理(名物料理)とは?

滋賀県にはいくつもの
郷土料理があります。

ここでは2つの
名物料理を紹介します。

  • 鮒寿司
  • ビワマス料理

これらの郷土料理の歴史なども解説していきます。

 

滋賀県の郷土料理(名物料理)鮒寿司

産地直送 鮒寿司(大) 珍味 酒の肴 フナズシ ふなずし 滋賀県特産品

 

鮒寿司(ふなずし)とは日本古来の
代表的な熟鮨(なれずし)の一種です。

なれずしとは、魚の腹にご飯を詰めて
重石(おもし)をかけて
味を調える鮨のことです。

 

滋賀県の郷土料理である鮒寿司は、
琵琶湖の大型の鮒、主にニゴロブナ
メスの卵巣以外の内臓を取り除いて、
そこへ塩を詰め、3か月ほど
重石をのせて漬け込みます。

 

その後、鮒を取り出してよく洗い、
ご飯に塩を混ぜたものを詰め、さらに
数か月から2年程漬け込んでから食べるという
非常に時間と手間をかける料理です。

 

発酵食品ならではの独特の匂いと癖がありますが、一部の熱狂的な愛好家が多数いるのも事実です。

 

 

 鮒寿司の歴史

鮒ずし(ふなずし スライスタイプ 大サイズ)

鮒寿司の歴史は、
なんと奈良時代まで遡り、
長屋王家木簡や二条大路木簡に
「鮒鮨」や「鮨鮒」という語があります。

 

また、平安時代の「延喜式」によると
近江国筑摩厨(滋賀県米原市)から
「鮒鮨」が貢納され、米と塩を用いて
作られていたことが分かっています。

 

 

滋賀県の郷土料理(名物料理)ビワマス料理

カプセルQ ミュージアム 日本の動物コレクション 5.琵琶湖/母なる古代湖 ビワマス ガチャポン チョコエッグ フィギュア

 

ビワマス」というのは、
サケ目サケ科に属する淡水魚です。

日本の琵琶湖にしか生息しない
いわれる固有種です。

また、産卵期(10~11月下旬)には
大雨の日に群れをなして
河川を遡上することから、
アメノウオ(雨の魚)などとも呼ばれています。

 

大きいものだと60cm程に成長する
ビワマスは、刺身にすれば
鮮やかなサーモンピンクの身
トロにも負けない上質な脂があり、口の中でとろけます。

 

他にも塩焼きや、ムニエル、
炊き込みご飯などでも
美味しく食べられますが、
流通量が極端に少ないので、
一部の料亭でしか食べることができない貴重な名物料理です。

 

 

ビワマスの歴史

やます 南房総びわシフォン 12個

ビワマスは
平安時代の「延喜式」によれば
当時は「阿米魚(アメノウオ)」と
呼ばれていたようです。

また、「倭名類抄」によると、
琵琶湖の特産のマスという内容の
記載があることから、平安時代には
存在していたと考えられています。

 

まとめ

 

この記事では
滋賀県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.