「処女(しょじょ)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「処女(しょじょ)」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「処女(しょじょ)」の語源や由来は何?

柴犬

「処女(しょじょ)」の語源や由来について

「処女(しょじょ)」の語源は
「処」と「女」の2つの漢字です。

「処」の意味は「居る」なので
「処女」で「居る女」という意味になり
結婚前の家にいる女性を差す言葉でした。

 

未婚の女性という意味から派生していき
「性行為をしたことがない女性」
といった意味に変化したことが由来です。

 

じつは、「処女」という言葉はもともとは
「かわいらしい女性」のことを指すこともあり
「処女(おとめ)」と読むこともあったようです。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

孫子(そんし)の中ではその意味で
処女という言葉が使用されています。

始めは処女の如く、後は脱兎の如し

孫子

 

明治時代以降から
「処女作」などのように
欧米語の和訳のときなどにも
処女という言葉は使用されました。

※処女作(しょじょさく):初めて制作した、または世に発表した作品

最後に

「処女(しょじょ)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.