山口県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

江戸金 瓦そば2人前セット+海苔付き

 

山口県は中国地方
属する都道府県のひとつです。

 

フグが名産品として有名で、
関門海峡秋芳洞などの
観光名所も多数存在します。

 

この記事では
山口県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説します。

 

 

山口県の郷土料理(名物料理)とは?

山口県には
いくつもの郷土料理があります。

ここでは2つの
名物料理を紹介します。

  • 瓦そば
  • 岩国寿司

これらの郷土料理の歴史なども解説します。

 

山口県の郷土料理(名物料理)瓦そば

元祖のほこり 山口県下関名物 瓦そばたかせ 家庭用瓦そばセット4人前

 

瓦(かわら)そばは、
山口県下関市豊浦町発祥の郷土料理です。

文字通り、熱した瓦の上に茶そば
などの具材をのせて
温かいめんつゆで食べる料理です。

さらに紅葉おろし錦糸玉子
散らばして、彩りも楽しめます。

 

瓦は本物の瓦を使いますが、
家庭ではホットプレートや
フライパンを使い、気軽に作られています。

川棚温泉のホテルや旅館などで
よく食べられている人気のメニューです。

 

 

瓦そばの歴史

名物 「長州瓦そば」6人前 ご家庭やホームパーティーにも手軽に楽しめる下関の郷土料理です

1877年(明治10年)の西南戦争のときに
熊本城を囲む薩摩郡の兵士たちが、
野戦の合間に瓦を使って野草や肉を焼いて
食べたという話をヒントにして、
1961年(昭和36年)に川棚温泉
旅館を営む高瀬慎一が宿泊者向けの
料理として開発したといわれています。

 

 

これが人気となり川棚温泉以外の旅館でも
提供されるようになったことから、
川棚温泉の名物料理」とされるようになりました。

 

さらに下関市をはじめ山口県内でも
ご当地グルメとして広まり、名物料理となりました。

 

 

山口県の郷土料理(名物料理)岩国寿司

のぼりらんど のぼり旗 岩国寿司 H1800mm×W600mm

 

岩国寿司(いわくにずしとは、
山口県岩国市周辺で作られる郷土料理です。

押し寿司の一種で、
酢飯と魚の身を混ぜたものを
大きな箱桶の中につめ、
その上を春菊や錦糸卵やれんこん、
しいたけなどで飾ります。

同様に何層もサンドイッチのように
重ねてから、重石で仕上げて食します。

何よりも特徴的なのは、
一度に何十人前も作ることです。

5升程の米を用いて作り、
食べる前に切り分けてから食します。

 

現在でも、地元のスーパーや観光客向けの
ご当地グルメとして、人気がある一品です。

 

 

岩国寿司の歴史

岩国寿司の発祥は、岩国藩主
吉川広家が合戦に備えて作らせた
保存食が町民にも広まったという説や、
藩主への献上品といった説などが存在します。

そのため、「殿様寿司」とも呼ばれています。

 

色鮮やかな見た目から祝いの席に喜ばれ、
岩国では人の集まるハレの日には欠かせない伝統料理となっています。

 

 

 

まとめ

 

この記事では
山口県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.