「ビー玉」の語源や由来は何?

WRITER
 
「ビー玉」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「ビー玉」の語源や由来は何?

柴犬

「ビー玉」の語源や由来について

「ビー玉」の語源は
ポルトガル語の「viero」です。
※ビードロと読みます。

viero(ビードロ)の意味はガラス。

この「ビードロ」の「ビー」を語源とし
「ビー玉」となったのが由来となります。

松野ホビー ビー玉 ガラス玉 日本製 30mm スクリュー 1袋(50粒入) M1266

 

室町時代末期から江戸時代の日本で
ビードロという言葉は使用されました。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

現在でも、ガラスの伝統工芸品として
「津軽びいどろ」や「肥前びーどろ」
という名前の語源や由来となっています。

アデリア 津軽びいどろ 酒器セット ねぶた流し 徳利/約365ml、盃/約50ml 日本製 FS-71559

 

ロマンシング佐賀2018 肥前びーどろ 閃き電球グラス

 

最後に

「ビー玉」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.