福井県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

福井県の越前そば 乾麺200g入×10袋

 

福井県とは中部地方または北陸地方
属する都道府県のひとつです。

歴史ある永平寺
サスペンスドラマの名所として
知られる東尋坊など、福井県にも
たくさんの観光名所があります。

 

この記事では
福井県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説していきます。

 

 

福井県の郷土料理(名物料理)とは?

日本海に面する福井県には
たくさんの郷土料理があります。

ここでは2つの
名物料理を紹介します。

  • 越前そば
  • ボルガライス

これらの郷土料理の歴史なども解説していきます。

 

福井県の郷土料理(名物料理)越前そば

福井県の越前そば 乾麺200g入×10袋

 

越前そばとは、福井県嶺北地方で
主に食べられている郷土料理です。

越前おろしそば」や
おろしそば」とも呼ばれています。

 

強力粉を繋ぎとした蕎麦に
大根おろし出汁をたっぷりと
かけて食べるのが特徴です。

 

現在では地域によって
食べ方が少し異なり、
蕎麦に大根おろしを添えて出汁をかけたり
大根おろしを混ぜ入れた出汁を
蕎麦にかけたりして食べます。

 

県内には越前そばを食べられる
飲食店が多く存在します。

また、日本屈指の長寿県
食べられている健康食として、全国からも注目されている名物料理です。

 

 越前そばの歴史

福井 土産 越前そば (国内旅行 日本 福井 お土産)

 

越前での蕎麦の始まりは、室町時代
越前朝倉氏7代当主の朝倉孝景
災害に伴う飢饉や戦時のときの
非常食として蕎麦の栽培を推奨したことと言われています。

 

また、江戸時代には
福井藩家老の本田富正が、
荒地でも栽培のしやすい蕎麦の栽培を
領民に推奨し、大根のすりおろしをかけた
蕎麦を作らせたことが越前そばの始まりといわれています。

 

 

 

福井県の郷土料理(名物料理)ボルガライス

のぼり屋工房 のぼり 21160 ボルガライス

 

ボルガライスとは、
福井県越前市の武生地区
飲食店で提供される名物料理です。

オムライスの上にカツをのせて
ソースをかけた洋食で、1980年以前に
登場しているメニューです。

 

オムライスの中身
ピラフだったりチャーハンだったり、
かけられるソースもトマトソースや
ドミグラスソース、中華風あんかけ、
カツもトンカツやメンチカツなど
お店によってアレンジやこだわりが
異なっていて、色んな味わいを楽しめます。

 

 ボルガライスの歴史

ボルガライスは、
昔から福井県民に愛されている料理ですが
実は、その名前の由来や発祥のお店などは
定かではなく、謎に包まれています。

 

ただ「ボルガライス」というカタカナの
料理名であることから、名前の由来は
ロシア西部のボルガ川流域の街に
ボルガライスに似た料理が存在したという
情報から名付けられたという説や、
イタリアの地名に由来しているのではないか、という説などもあったりします。

 

 

まとめ

 

この記事では
福井県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.