山梨県「石和温泉」とは?【石和温泉の歴史や周辺の観光スポットも紹介】

WRITER
 
ブドウ園
この記事を書いている人 - WRITER -

ちょこっと 山梨のたちより温泉

 

石和温泉(いさわおんせん)
山梨県笛吹市にある温泉です。

 

甲府盆地のほぼ中央に位置し、
富士山や自然に囲まれた地にあります。

 

この記事では
石和温泉の歴史だけでなく
周辺の観光スポットも紹介していきます。

 

 

石和温泉の歴史について

湯めぐり山梨

 

石和温泉が発見されたのは、
わりと最近のことなんです。

1961年、
井戸の掘削中に毎分1200ℓもの
高温温泉が噴き出しました。

そしてこの石和の地を
観光地にしようと1963年に
石和ぶどう温泉観光協会」が設立され、
少しずつ旅館や温泉施設が建ち並ぶようになります。

 

1987年には「新日本観光百選」に
おいて第3位に選ばれます。

 

さらに2002年には
67℃の新たな源泉が噴き出します。

そして今日、全国から多くの人々が石和温泉へ訪れています。

 

 

 

石和温泉周辺の観光スポットとは?

るるぶ山梨 富士五湖 勝沼 清里 甲府'18 (国内シリーズ)

 

ここでは
石和温泉周辺の観光スポット
紹介していきます。

 

山梨県笛吹市フルーツ公園【石和温泉周辺の観光スポット】

 

山梨県笛吹市フルーツ公園」は
園内に果樹園や資料館があったりとフルーツを
コンセプトに造られている公園です。

広大な公園の中には果物にまつわる建物以外に
アクアアスレチックやドッグランなど、
子どもから大人まで楽しめるものが盛りだくさん。

 

もちろん、お土産を販売している売店や
山梨県産の野菜やフルーツを使った
料理を扱うレストランもあるので、ぜひ楽しんでください。

 

石和鵜飼【石和温泉周辺の観光スポット】

 

石和鵜飼(うかい)」は、
平安時代から続いている伝統的な
「徒歩鵜(かちう)」を実現しています。

徒歩鵜とは、鵜飼を職業としている
鵜匠(うじょう)が船に乗らないで
川を歩きながら鵜を操るという日本でも
珍しい石和温泉の夏の風物詩です。

 

有料で事前予約をすれば、実際に鵜匠になれる
鵜飼体験」にも参加できます。

さらに鵜飼と同じ日の鵜飼実演後、
毎晩10分間「石和温泉鵜飼花火」も楽しめます。

毎年7月20日頃から一か月間行われますが
毎日ではないので、事前に日にちを確認しておくと良いですね。

 

石和温泉花火大会【石和温泉周辺の観光スポット】

 

石和温泉花火大会」は
毎年8月20日に行われる
笛吹市の花火大会です。

山梨県最大級の花火大会で、
七色に輝くレインボースターマインや
音楽に合わせたミュージックスターマイン、
レーザー光線を使った演出などが行われます。

温泉観光と一緒に花火も楽しみたい方は、
早めに温泉旅館の予約をしておくことが必須です。

 

最後に

山梨花の名所12カ月 (ジェイ・ガイド―花の名所シリーズ)

 

この記事では石和温泉の歴史、
周辺の観光スポットも紹介しました。

温泉の歴史に興味のある方や
これから石和温泉へ行く方などにとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.