「雷(かみなり)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「雷(かみなり)」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「雷(かみなり)」の語源や由来は何?

柴犬

「雷(かみなり)」の語源や由来について

「雷(かみなり)」の語源や由来については
「神鳴り」の意味がもとになっています。

雷は神さまが鳴らしていると
昔の日本人は考えていたため
「神」+「鳴」が語源となり
「かみなり」になったのが由来です。

奈良時代万葉集の中でも
雷のことを「鳴る神」と表現しています。

 

ただ当時は雷のことを
「いかづち」や「なるかみ」
ということが一般的だったそうです。

「いかづち」が使用されていた例は
薬師寺の仏足跡歌碑に刻まれた歌である
仏足石歌(ぶっそくせきか)の中にあります。
天武天皇の孫である文屋智努が753年ごろに作った石に刻まれている歌

いかづちの 光の如き これの身は

引用:仏足石歌

 

ちなみに「なるかみ」が使用されていた例として
和名類聚抄の「雷公」の中でその言葉が登場します。
※和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう):平安時代中期に作られた辞書
和名類聚抄郷名考証 (1966年)

 

現在のように「かみなり」を差す言葉として
「雷」が一般的に使用されるようになったのは
中世以降からだと専門家の間では考えられています。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

最後に

「雷(かみなり)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -