心(こころ)の語源や由来は何?

WRITER
 
心の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

心(こころ)の語源や由来は何?

柴犬

心(こころ)の語源や由来について

心(こころ)の語源や由来をたどると
奈良時代までさかのぼることになります。

もともと漢字の「心」は中国語で
心臓の形をかたどって作られた言葉。

中国では、心臓と心(精神)が
深く関わっていたとされるため
心臓の形をかたどった「心」が
誕生した由来だとされています。

 

日本語の心(こころ)の語源や由来は
詳しくは明らかになっていませんが
奈良時代ごろに作られた万葉集の中で
心が心臓をさす意味で使われています。

「肝向ふ、心砕けて」

引用:万葉集の中の1部

☝「肝(肝臓)」と向き合うもの、
つまりそれは心臓のことをさします。

 

ただし、奈良時代平安時代以降は
「こころ」という言葉の意味は変化し
心を心臓の意味で使用しなくなりました。

※漢語の「心(しん)」が
「心(しん)の臓」などの形で
心臓を意味することになりました。

 

最後に

 

心(こころ)の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.