「言葉(ことば)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「言葉(ことば)」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「言葉(ことば)」の語源や由来は何?

柴犬

「言葉(ことば)」の語源や由来について

「言葉(ことば)」の語源は
「言」と「端」だとされています。

もともとは「言葉」ではなく
「言(こと)」の1文字だけで
言語の意味をもっていましたが
この「言」の後ろに「葉」がついて
「言葉」になったことが由来となります。

 

「言葉(ことば)」の由来については
奈良時代にもその物語があります。

 

奈良時代につくられた和歌集である
万葉集」の中でも「ことば」は登場します。

※万葉集の中では「言葉」ではなく
「言羽」という漢字で表記されています。

百千たび 恋ふというふとも 諸弟等が 練りの言羽は 我は頼まじ

引用:万葉集

万葉集(現代語訳付)

 

中古に作られた新古今和歌集の中で
「言の葉」と表現された後から
その影響をうけ変化していったたことが
「言葉」の由来になったとされています。

やまと歌は人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける

引用:新古今和歌集

新古今和歌集〈上〉 (角川ソフィア文庫)

 

冒頭でもいいましたが
もともとは「言」の1文字でした。

当時は「言(こと)」と「事(こと)」の関連性は強く
「言ったことが現実になる」と考えられていました。

そんな「言」の「端」である「ことば」は
事実を伴わない口先だけの物言いのことを
差して表現していたと考えられています。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

万葉集で登場する「言羽」も
そのように軽い意味をもちます。

「言」の後ろに「羽」をつけることで
軽々しいイメージをあえて作りだして
現実には影響しない口先だけの言葉を表現。

そういった感じの気遣いの流れが
「ことば」の由来になったと考えると
日本語の面白さを感じますね。

最後に

「言葉(ことば)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.