紫式部ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
紫式部の像
この記事を書いている人 - WRITER -

紫式部日記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

 

紫式部(むらさきしきぶ)
平安時代中期の女性作家、詩人です。

誕生時期:978年
死亡時期:1016年

 

世界最古の小説『源氏物語』の
著者として知られていますが、
いくつか不明な点も残されています。

 

紫式部とはどんな人だったのか
何をした人だったのか?などなど
紫式部について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

紫式部ってどんな人?

紫式部: はなやかな王朝絵巻『源氏物語』の作者 (学研まんがNEW日本の伝記)

紫式部の誕生日

紫式部は、近年の研究では
970年(天禄元年)から978年(天元元年)
間に誕生したと考えられています。
※紫式部の具体的な誕生日は不明です。

 

父は藤原北家良門流の越後守であった
藤原為時、母は摂津守の藤原為信の娘です。

母を早くに亡くし、漢学者であった
藤原為時の手で育てられたようです。

 

また、紫式部の本名は不明です。

 

紫式部と夫の死別

紫式部は幼少の頃から、
当時の女性に求められる以上の才能があり、
漢文を読みこなすなど才女であったと伝わります。

藤原為時は越前国の受領となった為
紫式部も2年ほど越前で暮らします。

998年頃、紫式部は山城守の藤原宣孝と結婚、
翌年に一女の藤原賢子を儲けます。

しかしわずか2年後の1001年には
夫の藤原宣孝と死別してしまいます。

 

紫式部は未亡人となってから
『源氏物語』の執筆を開始
したと推測されています。

 

紫式部と女房時代

その後1006年頃から紫式部は、
一条天皇の中宮の彰子(藤原道長の長女)
女房兼家庭教師として仕えます。

また、藤原道長と結婚した源倫子の
女房として仕えていたという説もあります。

 

紫式部のはじめの女房名は
藤式部」で、のちに「紫式部」と
呼ばれるようになります。

 

また、この女房時代の経験を踏まえた内容は
『紫式部日記』に詳しく記されています。

 

紫式部の最期

紫式部は1019年頃(寛仁3年)まで生存し、
40歳余りの年齢で亡くなったと考えられています。

 

三十六歌仙の一人と称され、
1966年には日本人として初めて
ユネスコの”偉人年祭表”に加えられました。

 

紫式部の作品

ここでは簡単に
紫式部の作品について紹介します。

  • 源氏物語
  • 紫式部日記

これらの作品について
以下で解説していきます。

 

紫式部の「源氏物語」

源氏物語(全五十四帖収録)

冒頭でも述べましたが、
紫式部の「源氏物語」は
世界最古の長編小説です。

1004~1012年頃に作られたようで
すべてが紫式部の執筆ではないです。

 

天皇の子である光源氏を主人公に、
貴族たちの恋愛と人生を描いた物語です。

 

紫式部が仕えていた彰子は、
この源氏物語を気に入って、
夫の一条天皇に披露します。

そして一条天皇も、
源氏物語を読みたいが為に
彰子の部屋へ通ったそうです。

 

紫式部の「紫式部日記」

新編日本古典文学全集 (26) 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記 讃岐典侍日記

『紫式部日記』は、紫式部が
中宮の彰子に仕えていた頃
書いた日記です。

 

1008年7月から1010年1月の記録で
一条天皇の夫の中宮彰子の出産を中心に
はなやかな後宮生活の様子と、
その間の紫式部の感想が書かれています。

また和泉式部、赤染衛門、清少納言
などへの批評や感想を細かく記しています。

 

最後に

紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)

 

紫式部とはどんな人だったのか
何をした人だったのか?などなど
紫式部について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.