「成る程(なるほど)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「成る程(なるほど)」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「成る程(なるほど)」の語源や由来は何?

柴犬

「成る程(なるほど)」の語源や由来について

「成る程(なるほど)」の語源や由来をたどると
室町時代にまでさかのぼることになります。

 

現在だと、「確かに」と納得するときに
「なるほど」という言葉を使用しますが
昔はその意味で使用されていませんでした。

「成る程」は室町時代に登場する言葉。

 

この「成る程」の語源は
「成る」と「程」です。

  • 「成る」の意味:実現する
  • 「程」の意味:限界

当時は「成る程」というと
「できる限り」を意味しました。

1680年(江戸時代)の作品である
囃物語(はなしものがたり)の中でも
そういった意味で「成程」がでてきます。

居の地をお助け下され候はば、成程面白所を語って聞かせませう

引用:囃物語

 

「出来る限り」「なるべく」「なるたけ」。
昔はこれらの意味を表現する言葉として
「なるほど」という言葉は使われましたが
時代とともにその意味は変化していきます。

「なるほど」の意味は
「確かに」や「本当に」に変化していき
そして相手へ同感の気持ちを伝える言葉、
たとえば「なるほどその通り」のように
使われ方が変化していき現在に至ります。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

「成る程(なるほど)」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.