「おじゃん」の語源や由来は何?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「おじゃん」の語源や由来は何?

柴犬

おじゃんの意味:物事が中途でダメになること

「おじゃん」の語源や由来について

「おじゃん」の語源や由来は
江戸時代までさかのぼります。

 

「おじゃん」の語源は諸説ありますが
「じゃみる」という動詞が変形して
「おじゃん」になったという説が有力です。

※「じゃみる」の意味については
「おじゃん」の意味とほぼ同じで
「物事が途中でだめになる」という意味。

この動詞「じゃみる」に
接頭語の「お」がつき、
そこから変化していって
「おじゃん」になったことが由来です。

 

「じゃみる」の語源については
現在明らかになっていませんが
「邪見る」が語源となったのでは?
と専門家の間では考えられています。

 

また「おじゃん」の語源や由来として
他にも説が挙げられているので紹介します。

それは、鐘の音が語源や由来となったという説。

江戸時代の日本人は火事が起きた際、
鎮火をするときには半鐘を鳴らしていました。

その半鐘の「じゃんじゃん」と鳴った様子が
「おじゃん」の語源や由来になったという説です。

※半鐘(はんしょう):火事など異変の知らせるための小さい鐘。

【白木枠付ミニ半鐘セット】直径9×高さ15cmのミニサイズ

 

ただ専門家によると
この半鐘の音の説は考えにくく
「おじゃん」の語源や由来はやはり
「じゃみる」である可能性が高いそうです。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

 

「おじゃん」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.