「黄昏(たそがれ)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「黄昏(たそがれ)」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「黄昏(たそがれ)」の語源や由来は何?

柴犬

 

「黄昏(たそがれ)」の意味

  1. 夕暮れ
  2. 比喩的に、物事が終わりに近づき、衰えの見える頃

「黄昏(たそがれ)」の語源や由来について

「黄昏(たそがれ)」の語源は
「誰(た)そ彼(かれ)」です。

江戸時代の後半以降から
「誰そ彼」の「か」が
「が」になり「たそがれ」に。

 

「誰そ彼」とは「誰だ、あれは」
といった意味を表現する言葉で
「そ」は係助詞「ぞ」の古形です。

人の顔が見分けにくい時などに
使用されていた言葉となります。

そこから意味が変化していき
「薄暗くなった夕暮れ」のことを
「黄昏(たそがれ)」というように。

正式には「たそがれどき」が正しく
その略が「たそがれ」だとされています。

ちなみに明け方を意味する
「かわたれ」という言葉も
昔は使用されていました。

この言葉の語源や由来は
「彼(か)は誰(たれ)」です。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

黄昏る(たそがれる)の使い方は間違いやすいので注意

黄昏る(たそがれる)とは
名詞「黄昏」を動詞化した言葉で
「夕方になる」という意味です。

素敵な景色をみたときなどに
ぼーとするような意味で
「たそがれる」
というのは間違いとなります。

 

最後に

「黄昏(たそがれ)」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.