「ズボン」の語源や由来は何?

WRITER
 
「ズボン」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「ズボン」の語源や由来は何?

柴犬

「ズボン」の語源や由来について

「ズボン」の語源は
アラビア語の「djubba」です。

※「djubba」の意味:ゆったりとした男性用の服

 

このアラビア語(djubba)が語源となり
フランス語で「jupon」という言葉が生まれ
そのjupon(じゅぽん)が「ずぼん」に変化して
日本で使用されたことが名前の由来となります。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

※「jupon」の意味:ゆったりとした女性用のずぼん(ペチコート)

[セシール] ボトムにあわせて丈が選べるキュロットペチコート(ペチパンツ)(吸汗・速乾・静電気防止) LF-96 レディース オフホワイト 日本 M-55 (日本サイズM相当)

 

日本では江戸時代末期ごろから
「ズボン」という言葉は使用されています。

 

現在だと「ズボン」や「ずぼん」のように
カタカナやひらがなで基本的に書かれますが
漢字表記として様々な言葉が生まれています。

  • 洋袴(ずぼん)
  • 細袴(ずぼん)
  • 股袴(ずぼん)
  • 下袴(ずぼん)
  • 袴服(ずぼん)
  • 穿袴(ずぼん)
  • 短袴(ずぼん)
  • 服筒(ずぼん)
  • 下服(ずぼん)

 

最後に

 

「ズボン」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -