愛媛県の松山城ってどんな城?城主は誰?【松山城の歴史や、観光での見どころをわかりやすく解説】

WRITER
 
松山城
この記事を書いている人 - WRITER -

松山城の秘密―城と藩主と城下の基礎知識 (アトラス地域文化新書)

 

松山城(まつやまじょう)は
愛媛県松山市にあった城です。

 

松山城はどんな城だったのか?
城主は誰だったのか?

 

この記事では
松山城の歴史城主だけでなく
観光での見どころについても
分かりやすく解説していきます。

 

愛媛県の松山城の歴史について

加藤嘉明と松山城

 

愛媛県の松本城の歴史は
江戸時代にまで遡ります。

1600年の関ヶ原の戦いの後
加藤嘉明が道後平野の中枢部にある
勝山に城郭を築きます。

 

1603年、加藤嘉明が
松山城の城主となります。

 

この際、嘉明が地名を
松山」と公式に定めます。

嘉明の建てた天守は5重で
大規模なお城でした。

その後、松山城完成間近で
嘉明は会津へ転封、蒲生忠知が入城、
二の丸を完成させます。

その後
跡継ぎがいなかった蒲生氏は断絶、
松山城には松平定行が入城し、
松平家が明治維新まで居城します。

 

 

また、5重の天守は
1642年に3重に改築されますが、
1784年の落雷によって焼失します。

そのため1820年から、35年の
歳月をかけて、1854年に
現在している天守を再建します。

 

その後、昭和の時代に入り、
小天守やいくつかの櫓が
放火・戦火などで焼失しますが、
1966年から全国的にも珍しい
総木造による復元が進められました。

また、1950年には
大天守含む21棟の建造物について
国の重要文化財に指定されています。

 

 

愛媛県の松山城の見どころとは?観光前に要チェック!

備中松山城ペーパークラフト<日本名城シリーズ1/300>

 

ここでは、
松山城の見どころ
紹介していきます。

観光前に要チェックです!

 

天守【松山城の見どころ】

 

天守は3重3階地下1階の層塔型天守で
国の重要文化財に指定されています。

また、「現存12天守」の中で
唯一、築城主として瓦に
葵の御紋が付されています。

城山山頂は標高約132mあり、
天守はさらに30m程高くそびえています。

松山城天守からは、
松山平野を360度見渡すことができ、
歴史ある櫓や近代城郭が見える景色は絶景です。

 

 

野原櫓【松山城の見どころ】

 

野原櫓(騎馬櫓)は四国で
最も古い櫓と言われています。

築城の際、裏手の防備のために
建築されたもので、これは
「現存12天守」の犬山城と同じ
初期の望楼型と呼ばれる
建築手法が用いられています。

 

 

野原櫓は、全国で唯一現存する
望楼型二十櫓で、大変貴重な建造物です。

 

二の丸史跡庭園【松山城の見どころ】

 

松山城二の丸史跡庭園は、
表御殿跡と奥御殿跡に大別されます。

表御殿跡では「柑橘・草花園」で
各地の草花や柑橘で昔の部屋の
間取りを表現しています。

奥御殿跡では南西部にある
「流水園」で砂利と芝生で水を用いて
昔の部屋の間取りを表現しています。

庭園内には、林泉庭や大井戸遺構、
茶室などもあり、見どころ満載の場所です。

 

 

最後に

童友社 1/450 日本の名城 JOYJOYコレクション 重要文化財 松山城 プラモデル JJ7

 

愛媛県の松山城の歴史や城主、
観光での見どころについても
なるべく分かりやすく解説しました。

城の歴史に興味のある方や
これから松山城を観光する方などにとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.