犬山城ってどんな城?城主は誰?【犬山城の歴史や、観光での見どころをわかりやすく解説】

WRITER
 
犬山城
この記事を書いている人 - WRITER -

木製日本建築模型 1/150【犬山城】

 

犬山城(いぬやまじょう)は
愛知県犬山市にあったお城です。

 

犬山城はどんな城だったのか?
城主は誰だったのか?

 

この記事では
犬山城の歴史城主だけでなく
観光での見どころについても
わかりやすく解説していきます。

 

 

犬山城の歴史について

日本の城 改訂版 3号 (犬山城) [分冊百科] (ビジュアル城郭用語辞典付)

 

犬山城の歴史は戦国時代にまで遡ります。

犬山城は織田信長の叔父である
織田信康によって木下城より城郭を
移して築いたと言われています。

 

1537年、織田信康は
犬山城の城主となります。

 

しかし1547年に信康が戦死してからは
城主が目まぐるしく変わります。

この犬山城は国境の要所に位置する為、
戦国時代は大戦の舞台となりました。

 

江戸時代に入って1617年、
犬山城には徳川家の家老・成瀬氏が入り
明治を迎えるまで9代にわたり
成瀬氏が城主を務めます。

犬山城の望楼型天守は、
この成瀬氏によって
増築されたといわれています。

 

しかし1871年になると
廃藩置県に伴って犬山城は
愛知県の所有物となり、天守以外の
ほとんどの建物が取り壊されます。

 

1952年、国宝に指定されます。

その後1965年に解体修理をし、
現存する日本最古の木造天守として知られています。

 

 

犬山城の見どころとは?観光前に要チェック!

城の科学 個性豊かな天守の「超」技術 (ブルーバックス)

 

ここでは
犬山城の見どころ
紹介していきます。

観光前に要チェックです!

 

天守【犬山城の見どころ】

さんけい みにちゅあーとキット 1/300 国宝 犬山城 ペーパークラフト MK04-05

 

犬山城の見どころは、やはり
国宝に指定されている天守です。

犬山城の天守は、二十櫓の上に
望楼を載せた典型的な望楼型天守です。

中央が弓なり状にせりあがっている唐破風と
廻縁への出入口の左右にある華頭窓は
木組で作られた装飾用の窓枠で印象的といえます。

 

また、天守の最上階まで登れば、
木曽川を見下ろし、濃尾平野を
一望することができます。

 

他にも天守の石垣は5m程で、
自然石をほとんど加工せずに積み上げる
野面積みの工法が用いられています。

 

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

大杉様【犬山城の見どころ】

杉 (日本の原点シリーズ木の文化 (1))

 

天守の東方の櫓に
囲まれた杉の木があります。

築城の頃には
すでに存在していたといわれ、
樹齢は650年を越える神木です。

しかし伊勢湾台風の際に落雷を受けて
その後枯れてしまいました。

 

この神木のおかげで天守閣を守られたと
いわれており、大杉様として崇められ
パワースポットとしても知られています。

 

 

犬山市文化資料館【犬山城の見どころ】

フジミ模型 名城シリーズ No.3 1/300 犬山城 プラモデル 名城3

犬山文化資料館では、
犬山城と城下町の壮大な模型があります。

武家文化、町人文化が花開いた江戸時代や
犬山の歴史や文化を展示紹介しています。

 

最後に

日本の城 改訂版 3号 (犬山城) [分冊百科] (ビジュアル城郭用語辞典付)

 

この記事では
犬山城の歴史や城主、
観光での見どころについて
なるべく分かりやすく解説しました。

城の歴史に興味のある方や
これから犬山城を観光する予定の方などにとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.