「もしもし」の語源や由来は何?

WRITER
 
「もしもし」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「もしもし」の語源や由来は何?

柴犬

「もしもし」の語源や由来について

「もしもし」の語源は
「申し申し(もうしもうし)」です。

※「申し」:動詞「申す」が変化した言葉

現在でも、なにか言うときとかに「もの申す」とか「申す」って使われるよね♪

柴犬

 

1687年(江戸時代)の作品である
武道伝来記でも「申し」が登場します。

これ、申し、とどめはこなた様にさし給へ

武道伝来記

武道伝来記 西鶴置土産 万の文反古 西鶴名残の友 (新 日本古典文学大系)

↑「もしもし」に近い意味で
「申し」が使用されています。

このように「申し」単体でも
呼びかけに使われていました。

 

豆知識ですが、近世の日本では
「もうしもうし」ということもあれば
「もしもし」ということもあったそう。

 

「もうし」よりも「もし」の方が
少し砕けた印象だったとされています。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

じゃぁ、仲の良い友達には「もしもし」を使って、目上の人には「もうしもうし」っていってたのかもね♪

柴犬

 

最後に

「もしもし」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.