「流石(さすが)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「流石(さすが)」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「流石(さすが)」の語源や由来は何?

柴犬

「流石(さすが)」の語源や由来について

「流石(さすが)」の語源は
「さすがに」という副詞です。

この副詞「さすがに」の語尾をなくして
「さすが」という形になったのが由来で
中世から一般的に使用され始めました。

「さすが」の語源となった
「さすがに」の「さ」は
「さも有りなむ」などと使用する
指示副詞である「然(さ)」です。

「さすがに」の「す」は
サ変動詞「為(す)」の終止形、
「さすがに」の「がに」は助詞です。

 

「さすが」の漢字は「流石」ですが
その当て字の由来は明らかになっていません。

晋(しん)の孫楚(そんそ)が
「漱流枕石」と言うべきところを
「漱石枕流」と言って譲らなかったという
中国の故事をもじったことが由来になった
という説もありますがその真相は謎のままです。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

「流石(さすが)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.