昭和天皇ってどんな人?何をした人?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
昭和天皇武蔵野陵
この記事を書いている人 - WRITER -

昭和天皇(しょうわてんのう)
明治時代から昭和時代まで生きた
日本の第124代天皇です。

誕生時期:1901年4月29日
死亡時期:1989年1月7日

 

天皇在位期間は62年間で、
歴代最長の人物です。

 

昭和天皇とは何をした人か?
どんな人だったのか?などなど
昭和天皇について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

昭和天皇ってどんな人?

昭和天皇の誕生日

昭和天皇は
1901(明治34)年4月29日に
大正天皇の第1皇男子として
東京都、青山の東宮御所で誕生します。

 

幼少時の称号は迪宮(みちのみや)
名前は裕仁(ひろひと)と称されます。

 

昭和天皇の皇太子時代

1912(明治45年)7月30日に明治天皇
亡くなり、昭和天皇は皇太子となります。

 

そして1921(大正10)年3月から
6か月間、ヨーロッパ諸国を訪問します。

帰国後、11月25日からは
大正天皇の病気を理由に、昭和天皇は
20歳で摂政に就任し、摂政宮と称します。

 

1923年12月27日、虎の門付近で
テロリストに狙撃されますが、
昭和天皇は一命を取り留めます。

これは虎ノ門事件と呼ばれています。

 

昭和天皇の即位

1926(大正15)年12月25日に
大正天皇が亡くなったため、
1928年11月に昭和天皇が即位します。

元号を「昭和」と改めました。

 

即位後の1931年に満州事変、
1936年二・二六事件、1937年7月に
日中戦争などを経験します。

1941年12月の太平洋戦争の開戦に際し
宣戦の詔書」を発しています。

 

戦後の昭和天皇

第2次世界大戦後、日本国憲法の施行により
天皇は日本国と日本国民統合の象徴
定められました。

 

そのため昭和天皇は、日本国憲法に定める
国事行為を内閣の助言と承認に基づいて
行われることとなります。

また宮殿で行われる信任状捧呈式や
認証官任命式、会見、引見、拝謁などに
出席し、春の植樹祭、秋の国民体育大会や
全国を巡って国民を励ますなどの業務を遂行しました。

 

日本国内だけでなく、国際親善のために
1971(昭和46)年以降にヨーロッパ諸国や
アメリカなどを皇后陛下と一緒に訪問します。

 

昭和天皇の最期

昭和天皇は昭和62年9月に
腸の通過生涯を患い、宮内庁病院で入院。

手術後は快方に向かっていましたが、
1年後に再び体調が悪化します。

 

昭和天皇は1989年(昭和64)年1月7日、
十二指腸乳頭周囲腫瘍が原因で亡くなります。享年87歳。

 

昭和天皇の最期

昭和天皇とは何をした人か?
どんな人だったのか?などなど
昭和天皇について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.