大正天皇ってどんな人?病気だった?【家族(妻、子供、兄弟、母)についても詳しく解説】

WRITER
 
大正天皇の即位を記念して大正4年に建てられた大宝館
この記事を書いている人 - WRITER -

大正天皇―一躍五大洲を雄飛す (ミネルヴァ日本評伝選)

大正天皇(たいしょうてんのう)とは
明治時代から昭和時代初期まで生きた
日本の第123代天皇です。

誕生時期:1879年8月31日
死亡時期:1926年12月25日

 

初の一夫多妻制を採った天皇で
日本のシンボルとされるとも
ゆかりのある人物です。

 

大正天皇とは何をした人か?
病気や家族(妻、子供、兄弟、母)などなど
大正天皇について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

大正天皇って何をした人?

大正天皇 (朝日文庫)

大正天皇の誕生日

大正天皇は
1879(明治12)年8月31日
明治天皇の第3皇子として生まれます。

明宮嘉仁(はるのみや・よしひと)と命名されます。

 

大正天皇は
生まれてから年が明けるまで
重度な病気を患います。

それ以降も健康面に不安がつきまといます。

 

大正天皇と桜

大正天皇の健康状態が快方に向かうのは
1900(明治33)年に結婚してから。

この結婚を祝し各地で桜を
植樹したことで、桜は日本のシンボル
という概念につながったそうです。

 

大正天皇と昭和天皇

翌年、のちの昭和天皇となる
裕仁(ひろひと)親王が誕生します。

 

1912年に明治天皇が亡くなり、
皇位を継承して大正と改元します。

しかし大正天皇は体調に不安があり、
天皇業務は負担が重く、1921年から
裕仁皇太子が摂政となります。

 

大正天皇の最期

大正天皇は
1926(大正15)年12月25日に亡くなります。享年47歳。

 

大正天皇の家族について

大正天皇婚約解消事件 (角川ソフィア文庫)

ここでは
大正天皇の家族について
紹介していきます。

 

妻、貞明皇后【大正天皇の家族】

大正天皇の妻である貞明皇后は
第124代昭和天皇の生母であります。

公爵令嬢で、旧名は九条節子(さだこ)

皇太子妃に決定した後、大正天皇の
生母の柳原愛子が教育係の一人となりました。

 

ハンセン病の予防など救らい事業や
福祉事業、蚕糸業などに尽力します。

 

母、柳原愛子【大正天皇の家族】

大正天皇の生母は
柳原愛子(やなぎわらなるこ)という女性です。

この方は明治天皇の正室ではなく、
大正天皇はある程度成長するまで
「母は昭憲皇太后」と聞かされていたそうです。

 

大正天皇を出産後も宮仕えを続けて
43歳で女官の最高位とされる典侍となります。

 

大正天皇の子ども

大正天皇には4人の子どもがいます。

  • 迪宮裕仁(みちのみや・ひろひと)親王
  • 淳宮雍仁(あつのみや・やすひと)親王
  • 光宮宣仁(てるのみや・のぶひと)親王
  • 澄宮崇仁(すみのみや・たかひと)親王

 

裕仁親王がのちの昭和天皇です。

崇仁親王は2016年に100歳で亡くなり、
最長寿の皇族と記録されています。

 

大正天皇の兄弟

大正天皇の兄弟です。

明治天皇と昭憲皇太后の間には
子どもがいませんでした。

明治天皇は5人の側室との間に
5人の息子と10人の娘をもうけます。

 

しかし成人まで成長したのは5名です。

そのうちの一人が大正天皇であり、
残りの4名は娘でした。

 

最後に

大正天皇―一躍五大洲を雄飛す (ミネルヴァ日本評伝選)

大正天皇って何をした人か?
病気や家族(妻、子供、兄弟、母)などなど
大正天皇について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.