「大切(たいせつ)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「大切(たいせつ)」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「大切(たいせつ)」の語源や由来は何?

柴犬

「大切(たいせつ)」の語源や由来について

「大切(たいせつ)」の語源や由来をたどると
平安時代にまでさかのぼることになります。

※漢字表記の「大切」を音読みして
和製漢語「大切(たいせつ)」が誕生。

 

「大切」の意味は、時代ととも変化していて
平安時代では「大い切る」という意味でした。

 

「大い切る」は、切る(きる)ではなく
切る(せまる)という読み方になります。

切迫(せっぱく)するといった感じの意味で
緊急を要するときなどに使われる言葉でした。

 

平安時代の作品「今昔物語集」では
その意味で「大切」が使用されています。

某が大切に可申き事有りて参りたる也

今昔物語集

今昔物語集 本朝世俗篇 (上) 全現代語訳 (講談社学術文庫)

 

平安時代の末期には
「捨てておけない」などの
重要な様子を差す意味でも
「大切」は使用されています。

そして中世になってから
現在の意味と同じように
「かけがえのないもの」を
「大切」というようになりました。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

豆知識ですが
江戸時代(1603年)の日葡辞書では
「大切」のことを「愛」と訳しています。

 

最後に

「大切(たいせつ)」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -