徳川慶喜の妻(奥さん)や愛人について。【徳川慶喜のお気に入りの女性も公開】

WRITER
 
女性と惑星
この記事を書いている人 - WRITER -

徳川慶喜公への斬奸状

 

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)
江戸幕府最後の将軍です。

 

そんな徳川慶喜は妻(正室)の他にも
多くの女性を側用人として仕えさせ、
男女の関係をもっていたとされています。
※側用人(そくようにん):江戸幕府の将軍や大名などに仕える人

わかりやすく簡単に説明すると
徳川慶喜は本妻(正室)以外にも
別の妻(側室)と愛人がいたということです。

 

この記事では
徳川慶喜の妻(奥さん)や愛人について
わかりやすく簡単な言葉で紹介していきます。

 

 

徳川慶喜の妻(奥さん)や愛人について

徳川慶喜 (幕末維新の個性)

 

徳川慶喜の妻(正室)は
一条美賀子(いちじょう みかこ)です。

徳川慶喜は、妻(正室)を含めて
以下のような複数の女性と
男女の関係があったとされています。

  1. 正室:一条美賀子(いちじょうみかこ)
  2. 側室:一色須賀(いっしきすが)
  3. 側室:新村信(しんむらのぶ)
  4. 側室:中根幸(なかねさち)
  5. 外妾:お芳(およし)

 

徳川慶喜の妻で特に有名なのが、
側室である新村信中根幸です。

ちなみに、正室と側室は妻(奥さん)を指しますが
外妾は妻(奥さん)ではなく愛人のような関係を指します。

※妾(めかけ)=持続的な男女関係にある女性(妻ではない)

この5人の女性について、
以下で簡単に紹介していきます。

正室:一条美賀子【徳川慶喜の妻】

正妻 慶喜と美賀子(上)

 

徳川慶喜の妻(正室)である
一条美香子(いちじょうみかこ)は、
1835年9月11日に誕生します。

 

昭憲皇太后が義妹にあたります。

 

一条美賀子と徳川慶喜は
あまり仲が良くなかったようで
生まれた子どもも早くに亡くなり、
成人することはなかったそうです。

 

この徳川慶喜の妻「一条美賀子」は
乳がんを患い、60歳で亡くなります。

 

側室:一色須賀【徳川慶喜の妻】

 

一色須賀(いっしきすが)
1838年5月19日に、旗本である
一色定住の娘として生まれます。

その後、一橋徳川家の奥女中である
杉浦の養女となって徳川慶喜の正室である
一条美賀子の女中となったのちに、
徳川慶喜の側室となったそうです。

一色須賀は92歳まで生きたそうなので、
かなり長生きした徳川慶喜の妻(奥さん)です。

 

 

側室:新村信【徳川慶喜の妻】

徳川「大奥」事典

 

徳川慶喜の妻(側室)である新村信(しんむらのぶ)
1852年頃に旗本である松井勘十郎もしくは
松平政隆の娘として誕生したと言われています。

その後、旗本の荒井省吾の養女となった後で
さらに小姓頭取の新村猛雄の養女となります。

この新村信は、徳川慶喜との間に
5男5女の子どもをもうけています。

 

徳川慶喜の妻(側室)「新村信」は
1905年2月8日に亡くなります。

 

側室:中根幸【徳川慶喜の妻】

 

徳川慶喜の妻(側室)である
中根幸(なかねさち)は、1851年頃に
旗本である中根芳三郎の娘として生まれ
後に旗本の成田新十郎の養女となっています。

 

中根幸は徳川慶喜との間に
5男6女の子どもをもうけます。

 

徳川慶喜の妻「中根幸」は
1915年12月29日に亡くなっています。

 

 

外妾:お芳【徳川慶喜の愛人】

徳川妻妾記 (江戸時代選書)

 

お芳(およし)は、生没年不詳で
徳川慶喜が自宅以外に住まわせていた妾です。
※妾(めかけ)=持続的な男女関係にある女性(妻ではない)

江戸の町火消である新門辰五郎の娘で
お芳が徳川慶喜の妾となったことで、
1864年に禁裏御守衛総督に任じられます。

このお芳は、1868年に
徳川慶喜と共に大坂城を脱出して、
開陽丸に乗り込み慶喜一行と江戸へ帰ったとされています。

 

 

徳川慶喜が特に気に入っていた女性は誰か?

女聞き書き 徳川慶喜残照 (朝日文庫)

 

徳川慶喜は、妻たちの中でも
新村信中根幸の2人を
とても気に入っていたとされています。

この2人は明治維新の後も、
徳川慶喜の奥さん(側室)として
ともに多くの時間を過ごしたため、
別の女性たちは暇をしていたとか。

 

さらに、東京都にある徳川慶喜の墓の後ろには
新村信と中根幸の墓が並んで建てられています。

 

 

最後に

正妻 慶喜と美賀子(上) (講談社文庫)

 

この記事では
徳川慶喜の妻(奥さん)や愛人について
なるべく簡単な言葉で、わかりやすく解説しました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.